「一番大切にしたい時間」は何だろう?“本当の気持ち”と向き合うということ #42のタイトル画像
公開 2021年03月19日  

「一番大切にしたい時間」は何だろう?“本当の気持ち”と向き合うということ #42

153,893 View

早く帰宅して家のことを手伝ってくれる夫を見て、典子はいろいろなことを考えた。そして……?とげとげ。さん作、連載『「小1の壁」のむこうに』第42話。


>【第一話】から読む
「一番大切にしたい時間」は何だろう?“本当の気持ち”と向き合うということ #42の画像1

42話 幸せ

「一番大切にしたい時間」は何だろう?“本当の気持ち”と向き合うということ #42の画像2
「一番大切にしたい時間」は何だろう?“本当の気持ち”と向き合うということ #42の画像3
「一番大切にしたい時間」は何だろう?“本当の気持ち”と向き合うということ #42の画像4
「一番大切にしたい時間」は何だろう?“本当の気持ち”と向き合うということ #42の画像5
「一番大切にしたい時間」は何だろう?“本当の気持ち”と向き合うということ #42の画像6
「一番大切にしたい時間」は何だろう?“本当の気持ち”と向き合うということ #42の画像7


葵がよく1人で図書室に行っていると聞いて、心がチクッとした裕子。

「1人」という言葉に一瞬不安になったものの、自分も子どもの頃、1人で本を読む時間が気楽で好きだったことを思い出した。

自分が好きなことをして、好きな時間を楽しんでくれればいい。

そう思うことができた時、何だか少しホッとした気持ちで葵を受け止めることができた。


同じ頃、早めに帰宅して家のことを手伝ってくれる夫を見て、典子はいろいろなことを考えていた。

小さなすれ違いが重なって、夫と心がつながっていないように感じていたけれど、自分はどれくらい夫のことに目を向けられていただろう?

少し視界が開けて、自分が子どもの頃から描いていた「ママになりたい」という夢を思い出した時、典子は目の前にある景色にじんわりと幸せを感じていて……。


※本作はフィクションであり、実在の人物や現実の出来事には関係ございません。

ついにラスト!最終話は2本立て!3月26日(金)7時の更新をどうぞお楽しみに!

「一番大切にしたい時間」は何だろう?“本当の気持ち”と向き合うということ #42の画像8


「小学1年生」という1年間。

振り返ってみると、本当にいろいろなことに向き合ったんだと気付く。

「一番大切にしたい時間」は何だろう?“本当の気持ち”と向き合うということ #42の画像9


「小1の壁」とは何だったのか?

そのむこうに何が見えた?

「一番大切にしたい時間」は何だろう?“本当の気持ち”と向き合うということ #42の画像10


それぞれの想いは……。

「一番大切にしたい時間」は何だろう?“本当の気持ち”と向き合うということ #42の画像11

1話から読みたい人はこちらから!

※ この記事は2024年06月25日に再公開された記事です。

Share!

連載『「小1の壁」のむこうに』のタイトル画像
連載『「小1の壁」のむこうに』 #42
とげとげ。『「小1の壁」のむこうに』のタイトル画像 とげとげ。『「小1の壁」のむこうに』