男の子の赤ちゃんはどう育てる?性格・特徴や育児のポイントをご紹介のタイトル画像
公開 2023年06月17日  

男の子の赤ちゃんはどう育てる?性格・特徴や育児のポイントをご紹介

13,040 View

男の子はやんちゃで手がかかるって本当?」「男の子を育てるときに気をつけることは?」と気になっている方も多いのではないでしょうか。一般的に、男の子と女の子では心と身体の成長に違いがあるといわれており、男の子の特徴を知っておくことは大切です。そこで今回は、男の子の赤ちゃんの性格や特徴、育児のポイントなどについてご紹介します。


>シリーズの最初から読む

男の子の赤ちゃんの身長・体重


まずは、男の子の赤ちゃんの身長・体重の推移についてご紹介します。

なお、赤ちゃんの成長には個人差があるので、以下の数値と異なっていても心配しすぎる必要はありません。

身長の目安

男の子の赤ちゃんはどう育てる?性格・特徴や育児のポイントをご紹介の画像1
厚生労働省「乳幼児(男子)身体発育曲線(身長)」
男の子の赤ちゃんはどう育てる?性格・特徴や育児のポイントをご紹介の画像2
厚生労働省「乳幼児(女子)身体発育曲線(身長)」


男の子の赤ちゃんにおける身長の目安は、以下のとおりです。

男の子の赤ちゃんはどう育てる?性格・特徴や育児のポイントをご紹介の画像3


1歳以降になると、身長の伸びるスピードが緩やかになる傾向にあります。

ほかの子と比べて身長が低くても、少しずつ伸びているのであれば気にしすぎる必要はありません。

参考:厚生労働省「平成22年乳幼児身体発育調査 Ⅱ 調査結果の概要」

体重の目安

男の子の赤ちゃんはどう育てる?性格・特徴や育児のポイントをご紹介の画像4
厚生労働省「乳幼児(男子)身体発育曲線(体重)
男の子の赤ちゃんはどう育てる?性格・特徴や育児のポイントをご紹介の画像5
厚生労働省「乳幼児(女子)身体発育曲線(体重)」


男の子の赤ちゃんにおける体重の目安は、以下のとおりです。

男の子の赤ちゃんはどう育てる?性格・特徴や育児のポイントをご紹介の画像6


体重も身長と同じく、1歳以降になると増え方は緩やかです。

生まれたばかりのころは、目覚ましい勢いで体重が増加します。

参考:厚生労働省「平成22年乳幼児身体発育調査 Ⅱ 調査結果の概要」

男の子の赤ちゃんを育てるママには、どんな悩みが多い?


ユニ・チャームのアンケートによると、男の子を持つママには以下のような悩みがあることがわかりました。

男の子の赤ちゃんはどう育てる?性格・特徴や育児のポイントをご紹介の画像7

参考:ユニ・チャーム「男の子の育児と女の子の育児の違い」


上記のアンケート結果によると、男の子はやんちゃすぎると感じているママが多いようです。

また、ママと男の子は異性であることから、性器のケアやトイレトレーニングで戸惑いを感じる傾向にあります。

男の子の赤ちゃんの性格・特徴


ここからは、男の子の赤ちゃんの性格や特徴として、よくいわれることをご紹介します。

なお、赤ちゃんによって性格は異なるので、あくまでも参考程度にご覧ください。

やんちゃでよく動きまわる

男の子の赤ちゃんはどう育てる?性格・特徴や育児のポイントをご紹介の画像8
pixta_23922109_M


女の子は落ち着いていて穏やかな性格の子が多いといわれる一方で、男の子はやんちゃで好奇心旺盛な子が多いとされています。

そのため、常に目が離せず、男の子の世話は手がかかると感じるパパママも多いです。

甘えん坊


一般的に、女の子はひとり遊びが好きで、幼いころからママから離れて遊ぶようになりますが、男の子はママにべったりで、甘えん坊であるといわれています。

ママと常に一緒にいたいので、少しでも見えなくなると泣き出してしまう子も多いです。

マイペース


好奇心旺盛な男の子は、周りや時間を気にせず動きまわったり、人の話を聞かなくなったりなど、マイペースな側面があるといわれています。

マイペースなところを何度も叱ると萎縮してしまう恐れがあるので、温かく見守ることを心がけましょう。

乗り物が好き

男の子の赤ちゃんはどう育てる?性格・特徴や育児のポイントをご紹介の画像9
pixta_22974995_M


男の子は、電車やミニカーなど乗り物が大好きです。

ただし、女の子が人形遊び、男の子が乗り物遊びを好むようになるのは、周りの大人からの働きかけによる影響が大きいといわれています。

「男の子といえば乗り物遊び」という常識により、無意識のうちに「ブーブーだね」「ガタンゴトンだよ!」と男の子に語りかけているケースが多いようです。

頭の臭いが気になることも


男の子は、女の子よりも頭の臭いが気になることが多いようです。

赤ちゃんの頭皮には、身体の10倍もの皮脂腺があるといわれており、皮脂の分泌が活発であることから、頭皮のベタつきによって臭いが発生しやすいです。

また赤ちゃんの小さな身体には、大人と同じ数の汗腺があります。

そのため汗をかきやすく、汗で濡れた頭皮を放っておくと臭いの元になってしまうのです。

赤ちゃんの頭皮は、1日1回やさしく洗って清潔に保ちましょう。

参考:とちぎの子育て情報サイト 笑顔いっぱい「赤ちゃんすくすくQ&A」

男の子の赤ちゃんの育児ポイント


男の子の赤ちゃんを育てる際は、注意すべき点がいくつかあります。

ここからは、男の子の赤ちゃんの育児ポイントについてご紹介します。

元気に動きまわっても安全な環境を作る


好奇心旺盛な男の子が活発に動きまわれるように、部屋の中を安全な環境に整えることが大切です。

机の角対策や階段からの転落対策など、大きなケガにつながらない工夫をしましょう。

また自宅だけでなく、公園などで思いっきり遊ぶ時間を確保するのもおすすめです。

良いこと・できたことは褒めてあげよう


男の子は、良くも悪くも単純な面があるといわれています。

そのため、男の子の自己肯定感を高めるために、パパママが積極的に褒めることが大切です。

褒める際には「〇〇ができてすごいね!」などと、具体的に褒めてあげましょう。

参考:厚生労働省「体罰等によらない子育てを広げよう!」

参考:こども家庭庁「体罰等によらないための工夫のポイント」

叱るときは具体的に


男の子を叱るときには、わかりやすく、具体的に、落ち着いた声で語りかけるのを心がけましょう。

「ダメでしょ!」というだけでは、なぜ叱られているのかが上手く伝わりません。

また、そもそも叱らないで良い環境作りを心がけることも大切です。

何度も叱られ続けると、男の子は委縮してしまって内向的になってしまう可能性があります。

子どもの好奇心や肯定感を損ねないよう、温かく見守る姿勢を持ちましょう。

参考:厚生労働省「体罰等によらない子育てを広げよう!」

参考:こども家庭庁「体罰等によらないための工夫のポイント」

性器のケアを忘れずに


ママが男の子のお世話で戸惑いやすいのが、性器のケアです。

肌トラブルや炎症を防ぐために、性器のケアは念入りに行いましょう。

お風呂の際には、清潔な手で包皮を少し腹部に寄せ、ぬるめのシャワーでやさしく汚れを洗い落とします。

また、おむつ替えの際には、おしりを拭く際に陰嚢の裏側やシワの部分も丁寧にきれいにしてあげてください。

トイレトレーニングをはじめる時期は2歳ごろが目安


男の子のトイレトレーニングをはじめる時期は、2歳ごろが目安です。

1歳半から2歳ごろになると、膀胱が大きくなって尿の溜まる感覚がわかってくるといわれています。

ただし、トイレトレーニングに適した時期は赤ちゃんによって異なるので、赤ちゃんの様子を見ながら焦らず進めていってください。

参考:浦安市「乳幼児の予防接種・健康」

男の子の赤ちゃんの育児は、パパとママの連携が大切


男の子の赤ちゃんの育児には、パパとママの連携が大切です。

ママにとって、異性である男の子の考えや身体に関してわからないことが多いでしょう。

その点、同性であるパパの方が、男の子の心や身体について理解しやすいかもしれません。

パパや周りの人に相談しながら、1人で悩まずに男の子と向き合っていきましょう。

まとめ


今回は、男の子の赤ちゃんの性格や特徴、育児のポイントなどについてご紹介しました。

男の子はやんちゃで活発な一方、ママに甘えたがるなどの特徴があります。

男の子の心と身体の特徴を理解し、健やかな成長をサポートしましょう。

※ この記事は2024年06月18日に再公開された記事です。

Share!

月齢別♪赤ちゃんの成長・発達のタイトル画像
月齢別♪赤ちゃんの成長・発達 #37
コノビー編集部のタイトル画像 コノビー編集部

関連情報