流山市の子ども・子育て支援のまとめ。物価高騰を受け「流山市子どもの生活応援臨時給付金」を支給予定。のタイトル画像
公開 2023年09月10日  

流山市の子ども・子育て支援のまとめ。物価高騰を受け「流山市子どもの生活応援臨時給付金」を支給予定。

4,856 View

流山市の子ども・子育て支援をまとめました。
独自の子育て支援事業を多く実施している流山市の各種サービス詳細をご紹介します。


目次 流山市子育て支援の最新トピック
幼稚園・保育園について
流山市の待機児童数
認定について
施設の利用について
保育料について
「子育て世帯生活支援特別給付金」とは?
「子育て世帯生活支援特別給付金」の受給方法は?
流山市の子育てで利用できる給付金・支援制度
地域子育て支援センター
子育てのお悩みを相談できる場所
まとめ

流山市子育て支援の最新トピック

流山市では、ベビー用品など乳幼児の生活にかかる経費の負担を軽減するため、未就学児を対象に、独自の給付金である「流山市子どもの生活応援臨時給付金」を支給予定。
対象児童1人当たり、10,000円が振り込まれます。

詳細は決まり次第、市のホームページに掲載されます。

幼稚園・保育園について

お子さんを預ける施設にはいくつか種類があります。

1、認可保育所
「認可保育所」には、流山市が設置する公立保育所と、民間事業者が設置し都道府県知事に認可される私立保育所があります。認可保育所の受入れ年齢は0歳~小学校就学前です。
2、認定こども園
「認定こども園」は、就学前の児童の教育・保育を一体的に行う保育施設です。現在、流山市内にある認定こども園はすべて「幼保連携型」にあたり、幼稚園的機能と保育園的機能の両方の機能を併せ持つ施設となります。
3、小規模保育事業所
「小規模保育事業所」は、平成27年4月から始まった子ども・子育て支援新制度の中で、市町村の認可事業(地域型保育事業)の1つとして新たに作られた事業を行う施設です。0~2歳児を受入れ対象とした、定員6人から19人の比較的小さな施設で、より家庭に近い環境での保育を受けられます。また、継続して保育園への入所を希望される小規模保育事業所卒園児のために、連携園の用意や新年度4月入所審査における加算があり、優先的に入所先の案内がされています。
4、公立幼稚園
幼児を保育し、その心身の発達を助長することを目的とする学校です。
5、私立幼稚園
幼児を保育し、その心身の発達を助長することを目的とする学校です。

その他、認可外保育施設として企業主導型保育事業所や事業所内保育施設といった預け先も選択できます。

流山市の待機児童数

令和5年4月1日現在の流山市の待機児童数は0人です。

流山市では、令和4年度に認可保育所新規2施設・定員120人増および既存1施設・定員15人増の整備を実施。保護者のニーズに合った入所調整に努め、令和5年4月1日現在において国基準の待機児童数ゼロを達成しました。

認定について

認定区分

子どもの年齢と保育の必要性によって、3つの区分で認定があります。預かり保育等の利用希望や保護者の状況に応じて、申請する認定区分が異なります。

・1号認定
…保育の必要性がない満3歳以上のお子さん

・2号認定
…保育の必要性がある3~5歳のお子さん

・3号認定
…保育の必要性がある0歳~2歳のお子さん

利用できる施設

認定区分ごとに利用可能な保育施設が異なります。
保育園を利用したい場合には、2号または3号の認定が必要です。

・1号認定
…幼稚園・認定こども園

・2号認定
…保育所(園)、認定こども園

・3号認定
…保育所(園)、地域型保育事業(小規模保育など)、認定こども園

保育認定について


保護者が以下に示すような状況により保育を必要とする場合に、流山市が保育の必要性を認定します。

① 就労……会社や自宅を問わず働いているとき
② 妊娠・出産……妊娠しているとき、出産の準備や出産後の休養が必要なとき
③ 疾病・障がい……保護者が病気・けがや障がいのため保育が困難なとき
④ 介護・看護……病人や障がい者、要介護者を介護しているとき
⑤ 災害復旧……自宅や近所の火災などの災害の復旧にあたっているとき
⑥ 求職活動……仕事を探しているとき
⑦ 就学……大学や職業訓練校などに通っているとき

※保育を必要とする事由ごとに、認定の有効期間が定められています。
※詳細な条件は市にご確認ください。

施設の利用について

利用手続きの流れ(1号認定)

①利用を希望する園から願書を受け取り、園に願書を提出
②入園内定後、園から認定申請に必要な書類を受け取ります
③認定申請に必要な書類を、入園内定した園へ提出
④内定した園のある役所から、「給付認定決定通知書」が送付されます
⑤給付認定決定通知書を園に提示し、利用契約
⑥園の利用開始

利用手続きの流れ(2号、3認定)

①市に直接認定を申請※保育所などへの利用希望の申込も同時に可能
②市が「保育の必要性」を認めた場合、認定証が交付
③市に保育所などの利用希望の申し込み※希望する施設名などを記載
④申請者の希望、保育所などの状況に応じ、保育の必要性の程度をふまえ、市が利用調整
⑤利用先の決定後、契約

保育料について

保育料は、保護者の方の市町村民税所得割課税額を合算した額を流山市の保育料基準額表に照らし合わせ、決定されます。保育料の決定は年2回です。税の修正申告等により、税額が変更となる場合は、保育料が変更となる場合があるため、必ず保育課までご連絡ください。
※住宅借入金等特別控除や寄附金控除等の税額控除(調整控除は除く)適用前の金額となります。
※2号認定の3~5歳児クラスおよび1号認定児童の保育料は無料です。2号認定の3~5歳児クラスは、給食費をお支払いいただく必要があります。

流山市の保育料(月額)は0歳~2歳児クラスの場合、保育標準時間で0~70,000円、保育短時間だと0~68,800円です。

「子育て世帯生活支援特別給付金」とは?

食費等の物価高騰等の影響を受けている低所得の子育て世帯に対し、子育て世帯生活支援特別給付金を支給する制度です。令和5年度は対象となる家庭に児童1人あたり5万円が支給されます。

「子育て世帯生活支援特別給付金」の受給方法は?

ひとり親世帯の場合

【支給対象者】
下記のいずれかに該当し、対象児童を養育する方。
・公的年金等(遺族年金、障がい年金、老齢年金、労災年金、遺族補償等)を受給している方で、令和5年3月分の児童扶養手当が全部支給停止の方
・児童扶養手当受給資格の認定を受けていない方のうち、本人および扶養義務者等(申請者と生計を同じくする父母・子等の直系血族又は兄弟姉妹、および配偶者)の令和3年中の収入額等が支給要件に該当する方
・食費などの物価高騰の影響を受けて家計が急変し、児童扶養手当を受給している方と同じ水準の収入になった方※児童扶養手当が全部支給停止の方、又は児童扶養手当受給資格の認定を受けていない方で、本人又は扶養義務者等の令和5年1月以降の収入が減少し、本人および扶養義務者等の1年間の収入見込額(任意の1カ月の収入を12倍)等が支給要件に該当

申請方法

申請書のほか必要書類を添付の上、以下の提出先まで郵送してください。申請期間は令和6年2月29日までです。(必着)

■〒270-0192
流山市平和台1丁目1番地の1 第2庁舎2階
流山市役所子ども家庭課宛

お困りの際は以下までお問い合わせください。
■流山市役所 子ども家庭部 子ども家庭課 給付係
電話番号:04-7150-6082/受付時間:平日8時30分~17時15分まで

ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯の場合

【支給対象者】
下記のいずれかに該当し、対象児童を養育する方
・令和5年度市町村民税均等割が非課税の方
・食費などの物価高騰の影響を受けて家計が急変し、令和5年1月以降の収入が市町村民税非課税相当の収入になった方※本人または配偶者等の令和5年1月以降の収入が減少し、本人および配偶者等の1年間の収入見込額(任意の1カ月の収入の12倍)等が支給要件に該当

申請方法

申請書のほか必要書類を、以下の提出先まで郵送してください。申請期限は令和6年2月29日までです。(必着)

■〒270-0192
流山市平和台1丁目1番地の1 第2庁舎2階
流山市役所子ども家庭課宛

お困りの際は以下までお問い合わせください。
■流山市役所 子ども家庭部 子ども家庭課 給付係
電話番号:04-7150-6082/受付時間:平日8時30分~17時15分まで

流山市の子育てで利用できる給付金・支援制度

出産・子育て応援給付金

流山市では、令和5年3月1日より、妊娠期から出産・子育てまで一貫して身近で相談に応じ必要な支援につなぐ伴走型相談支援と、妊婦や子育て世帯への経済的支援(妊娠届出時・出生届出時にそれぞれ現金5万円を支給)を一体として実施する「出産・子育て応援給付金事業」が開始されました。

流山市児童育成手当

条例に定める条件に該当する児童を監護する父、母、または父若しくは母に代わってその児童(20歳未満のものをいいます。)を養育している養育者に手当が支給されます。

支給対象者の条件に該当し、支給対象児童が18歳に達する日以後の最初の3月31日(心身に一定の障がいの状態にある場合は、20歳に達する日)までの児童であって、第2子以降のものの場合は月額4,000円が支給されます。

支給対象者の条件に該当し、支給対象児童が18歳に達する日以後の最初の3月31日の属する4月1日以後、高等学校等市長が指定する学校に在学している児童の場合は、月額20,000円(心身に一定の障がいのある第2子以降の在学中の児童の場合は、24,000円)が支給されます。

※下記に該当する場合は手当が支給されません
・前年の所得額が児童扶養手当支給制限限度額を超える場合
・受給する公的年金額が前年の所得額に対応する児童扶養手当支給額を超える場合

流山市遺児等手当

父母のいずれか一方が死亡されているなど、16歳未満(中度以上の心身に障がいがある方の場合は20歳未満)の遺児等を養育している方に、手当が支給されます。

手当額は12歳以下が月額4,000円、13歳以上16歳未満の場合は月額6,000円です。

流山市母子家庭及び父子家庭自立支援教育訓練給付金

市内在住の母子家庭の母または父子家庭の父が、就業につながる教育訓練講座を受講する場合に、受講に要する経費の一部(入学料・受講料等の6割相当額)が給付金として支給されます。支給対象となる講座は、事前相談の上、市の指定を受けた講座です。

流山市母子家庭及び父子家庭高等職業訓練促進給付金

看護師や介護福祉士等の資格取得のため、1年以上養成機関で修業する場合に、一定期間「高等職業訓練促進給付金」が支給される制度です。申請をされる場合は事前相談が必要です。

児童手当

流山市に居住し、中学校卒業まで(15歳の誕生日以後の最初の3月31日まで)の児童を養育(監護)している方を対象に手当が支給されえます。支給月額は3歳未満が15,000円、3歳~12歳(小学校修了前)が10,000円(第3子以降は15,000円)、中学生が10,000円です。
※児童は、留学の場合を除き、国内に居住していることが必要です。
※公務員の方は勤務先からの支給となります。
※児童が児童福祉施設等に入所の場合、児童の父母は手当を受けることができません(施設設置者が受給者となります)

子ども医療費の助成

流山市に居住していて住民登録をしており、健康保険に加入している高校生3年生までの子どもが、医療機関で保険診療を受けた医療費を、現物給付もしくは償還払いで助成してくれる制度です。

地域子育て支援センター

地域子育て支援センターとは

地域子育て支援センターでは、保育園の園庭やホールなどを開放し、子育て中の方の育児相談(面談・電話)や子育て関連の各種行事を実施。また、支援センターに来られない方のために、地域に出向いての活動や、育児相談も行われています。

利用対象
対象者は各施設のホームページをご確認ください。

例えば地域子育て支援センターかるがもの場合は、初めてママになる妊婦さんから就学前のお子さんが対象です。

利用料
無料です。

子育てのお悩みを相談できる場所

子育て相談窓口(オンライン相談)

市では新型コロナウィルス感染症の影響で、外出を自粛している子育て世帯などの専用相談窓口(オンライン相談)を設置。オンライン会議アプリケーション(ZOOM)を利用して保育所、幼稚園、地域子育て支援センター、公園等の子育て支援施設についての照会に対する相談や、児童手当、子ども医療費、児童扶養手当等の手続等に関する相談が可能です。

相談時間は平日午前10時から午後4時の間で(各回30分程度)、相談の際は電子メールでの予約が必要です。

■子ども家庭部 子ども家庭課
電話番号:04-7150-6082

家庭児童相談室

家庭児童相談室では、18歳未満までの子どもと家庭の困りごとについて相談できます。相談は匿名でも可能で、来室相談と電話相談が選べます。

■流山市子ども家庭部 子ども家庭課内 家庭児童相談室(第2庁舎2階)
電話番号:04-7158-4144(直通)
電話番号:04-7158-1111(内線453)

まとめ

流山市では物価高騰を受けて「流山市子どもの生活応援臨時給付金」の支給を発表したり、「出産・子育て応援給付金」を支給したりと、子育て世帯の金銭的サポートが充実しています。

また、就労等の理由により保育所開所時間に送迎が困難な場合に、登園前・降園後に子どもを預けられる「送迎保育ステーション」を市内に2ヶ所設置。
働きながらでも子育てしやすい環境が整っています。

ほかにも市役所や保育所等に「赤ちゃんほっとスペース」があり、外出時でも気軽に授乳やおむつ替えが可能。
一部の施設では調乳用のお湯の提供などもしてくれます。

子育てに役立つ情報も多く発信しており、例えば子育て情報配信専用LINEアカウント「ながれやま市 子育てちゃんねる」を友だち追加すると、児童館や児童センターのイベント情報や子育て支援施設の紹介などが届きます。

市が実施している子育て関連サービスや情報をよりわかりやすくまとめた「ながれやま子育てガイドブック」も発行されていて、2022~2023年版は流山市役所の子ども家庭課窓口か市内各出張所窓口で受け取れます。
直接取りに行くのが難しい場合は、市のホームページからもチェックすることができます。

流山市は子育てに関して、金銭サポートや環境整備が整った市といえるのではないでしょうか。

Share!

関連情報