トイレトレーニング失敗!しつこい「おしっこ臭」対処法のタイトル画像
公開 2015年09月03日  

トイレトレーニング失敗!しつこい「おしっこ臭」対処法

1,697 View

この夏、トイレトレーニングにチャレンジした方も多いのではないでしょうか?数々の失敗や悲喜こもごもな出来事を体験するトイレトレーニング。「実際こんな失敗しちゃった」という体験談と、トイレトレーニングの失敗から学んだおしっこ臭の対処法をお教えします。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10179006673

トイトレの始めは失敗だらけ

「近所の散歩だから」と、替えのオムツや着替えも持たず外出したところ、流れで児童館に行ってしまうことがありました。トレーニング序盤だとやりがちな失敗です。



ふと我が子を抱っこすると、お尻がビチョビョ!慌てて強制帰宅!ベビーカーも少し濡れてしまいました。おしっこだからまだよかったものの、大きい方だったら大惨事でした。

しつこい「おしっこ臭」の取り方!

トレーニングパンツを使い始めて、はじめは他の洗濯物と一緒に洗っても問題ありませんでした。しかし、だんだんおしっこのニオイが取れなくなってしまったのです。



洗剤や柔軟剤の量を増やしても、2~3回と洗濯機を回しても一向に取れません。しかも、他の洗濯物にまでニオイがうつってしまう・・・。一時はおしっこ特有のアンモニア臭を嗅ぎすぎてどうにかなりそうでした!!



色々調べたり試行錯誤して行き着いたのが、以下の方法です。



1.まず大きめのバケツを用意して、汚れたトレーニングパンツを入れます。

2.お風呂の残り湯(温かいと効果大)に浸して、ワイドハイターEXパワーで一晩漬け置きます。

3.翌朝、洗濯します。



ニオイも汚れもスッキリ!他の洗濯物と一緒に洗っても、ニオイ移りすることはありません。子どもの食べこぼし汚れがひどい服も、一緒に漬け置きできるので一石二鳥です。

トレーニングパンツのうんち!最適な処理法は?

うんちの形状にもよりますが、コロコロ系うんちならトレーニングパンツでも通常のおむつでも、トイレに「コロン!」と流して、残りのおむつだけ捨てる、というのが最適かと思います。赤ちゃんの頃のうんちは、上記のような捨て方が難しいですが、ある程度成長すると出来るようになります。



ただ、生まれてきてからずっと「おしっこもうんちも、おむつを丸めて捨てる」というやり方が癖になっていると、そのような考えに行き着かないものです。



私も、親に指摘されてから、やるようになりました。これを読んで「あれ、うちの子のうんちも、もうトイレに流せるかも」と思ったら、ぜひやってみてください。

トイレトレーニング真っ最中のママは、共感できる部分があったのではないでしょうか?これから始めよう、と思っているママはぜひ参考にしてみてくださいね。特に、「おしっこ臭との戦い方」は、役立つと思います!

Share!