子の年齢別!ベストな勉強環境構築術

子の年齢別!ベストな勉強環境構築術

第4回 自分から勉強する子が育つ方法
日々成長するお子さんの学習意欲を引き出し、伸ばすには、年齢に応じた学習ポイントがあるハズ! そこで、『1日10分で大丈夫!「自分から勉強する子」が育つお母さんの習慣』の著者・村上綾一先生にお話を伺いました。

●幼少期(3~6歳)は、自信をつけさせる!

「幼少期は、学ぶことのベースを作る時期です。学ぶことの喜びや、あきらめない姿勢、思考錯誤の経験などを、褒めたり一緒に共感してあげて伸ばすことが大事です」(村上先生 以下同)

そして、何より“自信をつけさせる”時期だそう。

「とにかくこの時期は、何かできたら“やったね!”“すごいね!”と褒めて自信を植え付けることが大事です。ハイタッチやガッツポーズ、花マル作戦も効果的です。だいたい10歳あたりで子どもは自信があるかないかを自覚するのですが、自信がある子は、本番やいざというときにやっぱり強いので、自信をつけておくことはとってもいいことだと思います」

●小学校低学年は、勉強の習慣を作る

「低学年になると、いよいよ自立の第一歩ですね。この時期は、社会常識や言動、人間関係などの“しつけ”の面をきちんとすることが大切です。また、勉強面でも生活面でも、どんな小さいことでも成長を認め、褒めてあげることもとても重要です」

さらに、“勉強の習慣”を身に付けさせる時期でもあるそう。

「低学年のうちに、何時~何時までは必ず机に向かって宿題、読書などをするという習慣を身につけてください。これが身についている子といない子では、その後の学力が大きく違ってしまいます」

子の年齢別!ベストな勉強環境構築術

●小学校高学年は、リビングに学習机!?

「高学年は、親と子の距離感を少しずつ変えていく時期です。低学年までは、リビングのキッチン近くのテーブルで勉強するお子さんが多いと思いますが、高学年からは少し距離をおきましょう。とはいえ、勉強部屋に学習机を置いてしまうと、どうしても遊んでしまうので、リビングのどこかに学習机を置いて勉強させましょう。そして、お子さんが勉強しているときは親御さんもテレビを消し、読書するなどして環境づくりに協力してあげてください」

勉強面では、この学年ならではのおすすめの勉強法があるそう。

「学んだことをお子さん自身に説明させる勉強法をおすすめします。教わる側よりも、教える側のほうが覚えてしまうものなんですね。なので、お母さんも積極的に“どんなこと習ったの?”“○○って何?”と生徒になったつもりで質問を投げかけてください。低学年ではまだ言葉がたどたどしくて説明になりませんし、中学生ではもうやってくれません(笑)。この時期ならではの学習法なので、ぜひ実践してください」

子どもは日々成長します。いつでもよいわけではなく、そのとき必要な学習ポイントと環境を、べストなタイミングで与え、お子さんの可能性を最大限に引き出してあげたいものですね。
(構成・文/横田裕美子)

お話をうかがった人

村上綾一
村上綾一
株式会社エルカミノ代表取締役
大学卒業後、大手進学塾の最上位指導や教材・模試の制作を 経て、東京に株式会社エルカミノを設立。出版・教育事業をおこ なう。教育部門「理数系専門塾エルカミノ」では直接授業も担当 し、生徒を東大、御三家中、数学オリンピック、算数オリンピックへ 多数送り出している。
大学卒業後、大手進学塾の最上位指導や教材・模試の制作を 経て、東京に株式会社エルカミノを設立。出版・教育事業をおこ なう。教育部門「理数系専門塾エルカミノ」では直接授業も担当 し、生徒を東大、御三家中、数学オリンピック、算数オリンピックへ 多数送り出している。

書籍紹介

1日10分で大丈夫! 「自分から勉強する子」が育つお母さんの習慣
1日10分で大丈夫! 「自分から勉強する子」が育つお母さんの習慣
ダイヤモンド社
1,400円
学習塾の代表を務め、多くの教え子を難関中学に送り出した著者が語る! 学習意欲・自主性の育て方、しつけと勉強、家庭での学習ポイント、 具体的なオススメ教材を徹底解説!
学習塾の代表を務め、多くの教え子を難関中学に送り出した著者が語る! 学習意欲・自主性の育て方、しつけと勉強、家庭での学習ポイント、 具体的なオススメ教材を徹底解説!

ピックアップ

意欲に影響!子に言って良いこと・悪いこと
子の学習意欲を伸ばす3つの方法
【小学生ママ必見!】子どもを勉強好きにさせる方法が遂に判明した!