【斬新】「ストローで飲む冷製スープ」の便利さに気づいてしまった!

第2642回 今日のこれ注目!ママテナピックアップ
先日コンビニに立ち寄ったら、チルドコーナーに不思議な商品を見つけたんです。今まで見たことがなかったものだったので、おもわず手に取ってしまいました。

珍しい!? ストローで飲むスープ

その商品の名は、「シェフズリザーブ ヴィシソワーズ(COLD)カップタイプストロー付」。名前の通りではありますが、冷製のじゃがいもスープです。北海道産のじゃがいもを使用しているらしく、なめらかな舌触りが特徴なのだとか。

【斬新】「ストローで飲む冷製スープ」の便利さに気づいてしまった!

じゃがいもはスープの定番食材だし、多くの人は、「冷製スープなんて珍しくない!」と思うかもしれませんが、筆者が驚いたのは中身ではありません。

一般的に、スープは缶詰やパウチに入って売られていると思いますが、なんとこのスープ、コンビニやスーパーで売っているカフェオレのような“チルドカップ”に入っているんです!

しかもストローまで付いていて、あまりに見慣れないその光景に驚き、つい購入しました。

ストローで飲むのが新鮮!

自宅に戻り、さっそく「シェフズリザーブ ヴィシソワーズ(COLD)カップタイプストロー付」を飲んでみると、やっぱり最初は違和感がぬぐえません。

自販機などに缶入りのスープはあるものの、一般的にはカップに口を付けてそのまま飲むか、スプーンですくって飲むものなので、ストローを通してスープが口に中にはいってくるのが不思議で、笑えてきました。

味についてはバッチリで、細めのストローで飲むことをあらかじめ想定しているからか、さらさらとして口当たりもなめらか。ソテーオニオンやチキンエキスが活きているのか、うまみやコクもありつつ、すっきりとして飲みやすい印象です。

また、はじめは違和感を抱いていたストローにも、飲み進めるうちにどんどん慣れていき、むしろその手軽さがメリットに。朝の準備でバタついているときや仕事が忙しくてランチの時間がないなんてときに活躍しそう!

ちなみに、同シリーズにはじゃがいものほか、コーンとパンプキンもあり、気分によって選べるのはうれしいですよね。少しでも気になったなら、ぜひ不思議な感覚を味わってみてくださいね。
(文・奈古善晴/考務店)

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

ピックアップ

大人も羨む豪華さ!「the kindest babyfood」知ってる?
「クセになる味」コンビニでしか買えない限定「ピザポテト」とは?
ありそうでなかった!? このアイス、安くておいしい!
累計販売28億本突破!? 「クラフトボス」の新作を飲んでみた