「お盆玉」ってなんのこと?どこの地域の風習?迷惑という本音も

第132回 みんなが共感!ママのお悩み
お盆玉はお盆の時期に帰省した際、祖父母や親戚などから子どもたちにあげるお小遣いのことです。しかし、よく行われている地域とそうでない地域があります。渡す金額も様々なので、戸惑う人もいるでしょう。お盆玉のルーツや、金額の相場などを解説します。

お盆玉ってなに?

お盆玉を子どものころに受け取ったことがない人や、存在自体をよく知らない人は多いかもしれません。お盆玉が誕生した理由や、どこの地域の風習なのか見ていきましょう。

いつから始まったの?

お盆玉は、ごく最近になって誕生したものだと思っている人が多いでしょう。しかし、実は古くからある風習が形を変えて受け継がれてきたものです。

諸説ありますが、江戸時代の「お盆小遣い」という風習が元になったといわれています。当時、商家では奉公に出された子どもたちが多く働いていました。

その子どもたちがお盆に帰省する際に、商家からもらっていたのがお盆小遣いです。賃金とは別に雇用主からの気持ちとして渡されていたのでしょう。お盆小遣いを与えるようになった当初は、奉公人に着物や下駄などの品物を与えていました。

それがいつのまにか、子どもや使用人に対し現金を与える風習へと変化したのです。

どこの地域の風習?

お盆玉は、どの地域でも同じように行われている習慣なわけではありません。お盆小遣いが始まったのは「山形県や青森県など東北の一部地域」といわれています。お盆小遣いの起源と同じで、生まれた地域は諸説あります。

昭和初期ごろまでお盆小遣いの風習がありましたが、お盆玉という言葉が生まれたのは近年になってからのことです。それまでは地域限定の文化だったものが、だんだんと全国的に認知されるようになってきました。

お盆玉用ポチ袋の販売で認知度アップ

お盆玉が全国的に知られるようになったきっかけは、ご祝儀袋の製造や販売を行っている企業が、お盆玉専用ポチ袋を発売したことです。

販売を開始した当初は売れ行きが悪く、あまり存在を知られていませんでしたが、全国各地の郵便局で取り扱いを開始するようになってから、認知度がアップし始めました。

今まで、お盆玉のことを知らなかったという人も、ポチ袋をきっかけにお金を用意するようになったのです。

お盆玉を渡している人の割合

お盆玉の認知度は上がってきており、お年玉のように全国的に一般化する日もそう遠くないかもしれません。実際に、どれくらいお盆玉が取り入れられているのか、気になる割合を見ていきましょう。

まだまだ低い?

三井住友カード株式会社が2018年に報告した調査結果によると、何らかの形でお盆玉をもらっている子どもの割合は「約37%」となっています。3人に1人の子どもがもらっていると思うと、「意外と多い」と感じる人もいるかもしれません。

しかし、地域によってバラつきが大きいのが現状です。東日本・中部地方・近畿地方などの一部の地域では渡している家庭もありますが、それ以外の地域では、まだ決して多くないと思っていてよいでしょう。

参考:「夏にもお年玉!?お盆玉に関する親子意識調査実施」|三井住友カード株式会社

参考:ソニー損保、「お盆の帰省に関する調査(2017年)」 | リサーチレポート | トピックス | 自動車保険ならソニー損保におまかせ!

迷惑という本音も

日ごろ、なかなか会えない子どもや孫にお盆玉をあげたいと願う人がいる一方で、家計にかかわることなので迷惑だと考える人もいます。多くの親戚がいる場合、すべてにお盆玉をあげるとなると出費は大きくなるでしょう。

一度あげ始めると翌年はあげないというわけにはいかず、毎年帰省のたびに多額の金銭の用意が必要になります。積もり積もれば、家計に「大きな負担」を与えることになるのです。

お盆玉の金額の相場

お年玉と同様、お盆玉の額に決まりがあるわけではないため、いくらあげたらよいのか悩むことがあります。お盆玉をあげる際に参考にしたい、金額の相場を見ていきましょう。

平均金額はいくら?

お盆玉をもらっている子どもを対象にした調査によると、平均金額は9345円となっていて、約40%が5000円以上をもらっています。

家庭によって1万円以上という場合もあれば、500~1000円程度という場合もあり、金額の開きが大きいことが特徴です。お年玉に比べると、金額は少ない傾向があります。

翌年以降も渡し続けることを考えると、最初に渡す額は重要な指標となるでしょう。渡す人数が多いほど負担は増していくので、相場にあまりとらわれすぎず「無理のない範囲」で渡すことが大事です。

参考:「夏にもお年玉!?お盆玉に関する親子意識調査実施」|三井住友カード株式会社

年齢別の平均金額

お盆玉を渡す子どもの年齢によっても、平均金額に違いが出てきます。年齢が上がるほど、必要とする額が大きくなることから、渡す額も増える傾向です。

未就学児は「1000円以下」、小学校低学年は「3000円以下」、小学校高学年は「5000円以下」というように決めている家庭が多く、中学生や高校生になると「5000~1万円程度」に増えます。

年齢によって差を付けたくない場合、家族間・親族間で、ルールを決めておくとよいでしょう。また、高校を卒業したら、お盆玉はなしと決めている家庭も少なくありません。

お金以外のプレゼントもあり

お盆玉をあげるときに、現金しか渡してはいけないと決まっているわけではありません。これまで、お盆玉という名称で渡していなかったとしても、衣類や本など何かしらのプレゼントを渡してきたという場合も多いでしょう。

お盆玉を取り入れている家庭のなかには、未就学児にはお金ではなく「おもちゃ」や「お菓子」を渡している家庭もあります。お金を渡すことだけにこだわらず、子どもが喜ぶものをあげる工夫をしてみましょう。

まとめ

まだまだ全国的に一般化している習慣とはいえないですが、お盆玉の認知度は年々上がってきています。お盆玉をあげて子どもたちを喜ばせたい人もいれば、家計にダメージを与えるので困っている人もいるのが本音のようです。

子どもの年齢が上がるほど額も増えていく傾向があるため、家族間や親族間で負担にならないようにルールを決めることをおすすめします。現金の代わりに、お菓子やおもちゃなどをあげる選択肢も検討してみましょう。

ピックアップ

セックスしたくない妻って実は多い?拒まれたときの夫の本音は
「内助の功」はもう古い?そもそも「内助の功」の意味って?
家事や育児に対する嫌味…「嫁姑問題あるある」に解決法はある?
反抗期ってなぜ起きる?いつからいつまで続くのが一般的?