夫の「ごはんいらないメール」。やさしさだと思っていたけど、よく考えたら…

夫の「ごはんいらないメール」。やさしさだと思っていたけど、よく考えたら…

コミュニケーションは大切だとわかっているつもりでも、つい、状況を見ればわかるでしょう?と腹が立つときもあります。体調不良で食事が作れないときにママが感じた大変さや、パパの対応の悪さ、その対処法を紹介しています。

自分が体調不良のときは子どもを見守ることで精一杯。そんなとき、夫にごはんを作れないことを伝えると、「外食してくるよ」と返事がきて……?

頼れない環境

両親や知人のいない土地で子育てをしていた私は、体調不良になっても誰かに頼ることができず、とにかくわが子にごはんを食べさせて危険のないように見守り、無事に1日を終えることしかできない日もありました。


夫は洗濯や掃除などの家事には協力的でしたが、料理は絶対にしない人だったので、私が体調不良のときに掃除はお任せできても料理は無理して作っていました。胃腸炎の際はさすがに無理だ!と仕事中の夫に状況を説明するメールを送ると「晩ごはんは食べて帰るからいらないよ。ゆっくり休んでね」と返信が。夫に申し訳なく思いつつも食事を作らなくていいことに安堵し、うちの夫はやさしいなぁなんて思っていました。

子どものお世話は休めない

体調不良がただの風邪くらいであれば、多少無理をしてもおでかけや買い出しに行っていましたが、親子ともに胃腸炎になった際は外出することもままならず、いつもより多い夜泣きに寝不足になりながら、無理をしてでも汚れたシーツの洗濯や家事をしていました。


しかし、なかなか症状が治まらず買い出しにも行けず、ぐずる子どもを抱いていて料理できない日が長引き、ついには食料も底をつきてきたころに、ふと気がつきます。こんな状況でも夫は毎日おいしいものを外で食べているのだ!と。私は頭をハンマーで殴られたかのような衝撃を受けました。

関連記事:

ピックアップ

ズボラが招いた悲劇!無痛分娩の処置中に人だかりができたワケとは?
子どもの寝かしつけの救世主!寝室へ向かうのもスムーズになった神アイテム【体験談】
「いただきます」を言わない義父母!ほかにも食事マナーが気になって…
産後、「自分の時間」を確保できた!妊娠中にやっておいてよかったこと【体験談】