やりがちだけどNG。毎日の送り迎えで保育士が実は困っている保護者の声かけ

やりがちだけどNG。毎日の送り迎えで保育士が実は困っている保護者の声かけ

保育士の中田馨さんが、毎日の送り迎えで実は困っている保護者の対応を教えてくれました。登園時に泣いたりぐずったりしているときに、「保育園に行けば楽しいよ!」と言ったり、「どうする、保育園行く?」と聞いたりなど具体的なケースをご紹介!

こんにちは、保育士の中田馨です。保育園に通っている保護者が毎日することの一つが「保育園への送り迎え」です。毎日の送り迎え時に、泣いたり嫌がったりすることもあると思います。そんな時にやってしまいがちなNGな声かけと、おすすめの声かけを教えます!

「保育園に行けば楽しいよ!」と言う

入園間もないときや、子どもの年齢の時期によっては「保育園に行きたくない!」と泣いて嫌がることがあります。朝の出勤前で、ただでさえ時間がなく心の余裕もないときに子どもに泣かれてしまうと、とっても困ってしまいますよね。


私は体験者なのでパパやママの気持ちがよく分かります! こんなときに思わず言ってしまいがちなことは、「保育園に行けば楽しいんだから頑張れ!」「お仕事休めないんだから無理を言わないで!」なんて言葉です。パパやママが焦って、出勤時間へ気持ちが向けば向くほど子ども不安になります。

まず、登園時に泣くことは、多かれ少なかれ多くのお子さんに現れることがあると知っておきましょう。そして、子どもを抱きしめて、こう声かけしてみましょう。「ママと一緒にいたいのね。ママも○○ちゃんと一緒にいたいよ」と、子どもの気持ちに共感するのです。ほんの10秒で構いません。むぎゅーっと抱きしめて、気持ちに共感したら泣いていたとしても、あとは保育士にお任せください!

「どうする、保育園に行く?」と子どもに聞く

登園時、子どもがパパやママと離れたくなくて泣いて嫌がるときの声かけです。泣いている子どもの姿を見ていると「大丈夫かな?」「私が仕事を休めばいいのかもしれない」と思ってしまうママもいます。


そして、「どうする、保育園に行く?」「おうちに帰ったほうがいい?」と子どもに聞いてしまうことがあります。この場合、子どもに保育園に行くことの判断をゆだねないことが大切です。


もし、お仕事が休めて今日は保育園も休もうと思うのなら、「よし、今日はママと一緒に遊ぼう!!」と思い切って親が決めることが大切です。仕事は休まず、保育園に行く場合は、先ほどと同じ対応でOKです。保育園に「行く」「行かない」の決定は親がしましょう。

関連記事:

ピックアップ

産後、「自分の時間」を確保できた!妊娠中にやっておいてよかったこと【体験談】
「うわああぁ!」離婚を切り出され泣きわめく夫。驚くべき行動に出て… #セクハラ義父 お別れ編 4
「私は甘えているだけ…?」義母の子育て苦労話に追い詰められてしまい…【体験談】
【100均】万能すぎて神!意外な使い方ができる超便利な収納カップが話題になっている件