ありそうでなかった!ブラジル風スイーツをローソンストア100で!?

ありそうでなかった!ブラジル風スイーツをローソンストア100で!?

第7回 ローソンストア100の注目商品!
韓国発のトゥンカロン、マレーシア発のモーモーチャーチャー、イタリア発のマリトッツォなど、海外のスイーツは日本でも流行しています。が、ローソンストア100の新作スイーツは、まさかのブラジル!

プリン×スポンジ

ローソンストア100の新商品として発売されたのが、「プヂン(ブラジル風プリン)」(税込171円)というスイーツ。

ありそうでなかった!ブラジル風スイーツをローソンストア100で!?

「プリン」ではなく「プヂン」? と思う人も多いかもしれませんが、これは誤字ではありません。どうやらブラジル発祥のスイーツをイメージしたもののようで、固めのプリンの下にコーヒーシロップを染みこませたスポンジ生地が入っているのだとか。

これまで、ありそうでなかったスイーツに少し戸惑いましたが、ネット上で口コミを調べてみると「ティラミスみたい」、「甘くておいしい」といったコメントが散見されるので、チャレンジしてみることにしました。

ティラミスとプリンを食べている感じ!

ありそうでなかった!ブラジル風スイーツをローソンストア100で!?

こうして見ると、ごく普通のプリンみたいですよね。しかし、下の方にはコーヒーシロップが染み込んだスポンジ生地が隠れています。

ありそうでなかった!ブラジル風スイーツをローソンストア100で!?

プリンはしっかり固めで、弾力のあるぷるんぷるんタイプ。意外と甘さは控えめな印象です。スポンジ生地はコーヒーシロップがたっぷり染み込んでいるようで、もはやとろっとろになっています。マスカルポーネの濃厚なコクはありませんが、ほとんどティラミスですね。

異なる食感を同時に楽しめて、プリンもスポンジも、それぞれ珍しいものではないのにまったく新しいスイーツに出会ったような気分になれます。正直、ブラジルっぽさはあまりわかりませんでしたが、コーヒーの苦味はほとんどないので、大人だけでなく子どものおやつにもおすすめです! 近くに店舗がない……という人もいるかもしれませんが、今日のおやつの選択肢にぜひ入れてみてください。
(文・明日陽樹/TOMOLO)

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
TOMOLO
明日陽樹
TOMOLO
大学卒業後、アルバイトからライターに転身。約4年間編集プロダクションに所属したのち「TOMOLO」を立ち上げ、主にウェブメディアの運営や編集・執筆を行う。『ママテナ』のほか、『ダ・ヴィンチニュース』や『スーモジャーナル』、『FNNプライムオンライン』など幅広く寄稿し、フリーマガジン『BizHintマガジン』の編集・執筆も担当中。
大学卒業後、アルバイトからライターに転身。約4年間編集プロダクションに所属したのち「TOMOLO」を立ち上げ、主にウェブメディアの運営や編集・執筆を行う。『ママテナ』のほか、『ダ・ヴィンチニュース』や『スーモジャーナル』、『FNNプライムオンライン』など幅広く寄稿し、フリーマガジン『BizHintマガジン』の編集・執筆も担当中。

ピックアップ

【100ロー】みたらしが◎!「おもち風ぱん」がもっちもちでうま!!
おうちでお祭り気分?ローソンストア100で「チョコバナナパン」を発見!
2か月で約70万個売れた!? 108円マリトッツォの第2弾が早くも登場!
108円で昭和レトロ!ローソンストア100のメロンソーダ風スイーツを実食!