くすんでると5歳は老け見えってホント!?くすみが目立って残念な「大人のNGメイク」3選

美容ライターの遠藤幸子です。本来自分をよりキレイに見せてくれるはずのメイクで、むしろくすみが目立ってしまった…という経験がありませんか?くすみがあると、5歳くらい老けて見えてしまうことがあるので注意したいところ。今回は、くすみが目立つNGメイクとそれをアップデートする方法を紹介します。

【くすみが目立つNGメイク①】血色感や透明感が出るような化粧下地を使わない

くすみをカバーするにはスキンケアからアプローチする必要ありますが、メイクでいうと化粧下地を塗ることがファーストステップです。そのため化粧下地が果たす役割はとても重要なのです。

それにも関わらずファンデーションの付きがよくなることや、化粧モチだけを重視して化粧下地を選ぶと、くすみが目立つメイクになってしまう可能性があります。

くすみをカバーするには、血色感や透明感が出るような化粧下地を使うことが大切です。色選びが特に重要で、肌悩みに合わせて選ぶ必要があります。

たとえば、シミが多い、クマが目立つなど色ムラが気になる肌にはイエローがおすすめです。血色感が足りない肌には、ピンクがピッタリです。赤みが気になる肌にはグリーンが、くすみが気になり透明感が足りない肌にはパープルがおすすめです。

肌悩みは複数ある場合も多いので、パーツによって使い分けるのもひとつです。

【くすみが目立つNGメイク②】頑固なクマにベージュのコンシーラーだけ

頑固なクマをベージュのコンシーラーだけでカバーしようとすると、クマの色とコンシーラーのベージュが混じり、グレーになってしまうことがあります。そうすると、くすみが悪目立ちし、老けて見えることにつながります。

頑固なクマは一旦オレンジのコンシーラーを重ねて血色感を出すことでカバーしましょう。その上からイエローやベージュのコンシーラーを重ねて、明るさなどの調整をするのがおすすめです。

関連記事:

ピックアップ

今夏は「ユニクロワンピ」が大当たり!売り切れ前に絶対買わなきゃ♡おしゃカワアイテム7連発
今年はGUの「黒トップス」が大当たり♡可愛くてコスパ抜群!絶対欲しい高見えアイテム5連発
履くだけで下半身痩せ!GU美脚デニム×華やかトップスで大人可愛いバランスコーデ♡
ダイエット中にも♡ワンボウルで混ぜて焼くだけ!バナナとナッツのオートミールパウンドケーキ