お弁当が646円!? 赤坂璃宮が監修した黒酢酢豚をローソンで!

お弁当が646円!? 赤坂璃宮が監修した黒酢酢豚をローソンで!

第1400回 ローソンのこれ注目!ママテナピックアップ
和・洋・中、さまざまな種類のコンビニ弁当があって、買う側としては大助かりですよね。最近は、栄養バランスや彩りを意識したものも多く、普段からよく食べている人も多いのではないでしょうか? さて今回は、ローソンの新商品「赤坂璃宮お墨付き黒酢酢豚弁当」をチョイス!

646円の高級弁当!?

2022年5月10日(火)、ローソンは、「赤坂璃宮お墨付き黒酢酢豚弁当」(税込646円)という新商品を発売しました。

お弁当が646円!? 赤坂璃宮が監修した黒酢酢豚をローソンで!

この商品は、赤坂や銀座に店舗を構える本格中華の人気店「赤坂璃宮」が監修した酢豚弁当で、大麦黒酢を使用。“コクとうまみが味の決め手”なのだとか。

正直、中華料理を食べに行って酢豚を選ぶことはあまりないのですが、なんとなくケチャップ風味の酢豚よりも黒酢酢豚の方がお高いイメージが……。実際、646円と価格はお高めですが、名店が監修しているとなれば食べてみたくなりますよね。

具材ごろごろでうまい!

お弁当が646円!? 赤坂璃宮が監修した黒酢酢豚をローソンで!

さっそく食べてみると、ほくほくのにんじん、シャキシャキのたけのこ、食べごたえのある豚肉など、具材がごろごろでガッツリ食べられるのがうれしい! 黒酢は、酸味だけでなくまろやかな甘みや深いうまみのようなものもあり、ごはんとの相性がバッチリです。このほか、玉ねぎも入っているのですが、「ひとつだけかたまりの玉ねぎがあるな」と思ったら、まさかのらっきょうでした。恥ずかしい……。

また、酢豚だけでもごはんが進むのに、付け合わせのザーサイもいい仕事するんです! ザーサイだけでごはんの3分の1はなくなりましたね。

「赤坂璃宮」で食事をしたことがないためどこまで再現できているかは不明だし、前述のとおり価格もお高めですが、本格中華をこんなに手軽に楽しめるのは大きなメリットです。「今日はひとりだし……」、「食事の準備が面倒だな」なんて時にぜひ!
(文・撮影:明日陽樹/TOMOLO)

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
TOMOLO
明日陽樹
TOMOLO
大学卒業後、アルバイトからライターに転身。約4年間編集プロダクションに所属したのち「TOMOLO」を立ち上げ、主にウェブメディアの運営や編集・執筆を行う。『ママテナ』のほか、『ダ・ヴィンチニュース』や『スーモジャーナル』、『FNNプライムオンライン』など幅広く寄稿し、フリーマガジン『BizHintマガジン』の編集・執筆も担当中。
大学卒業後、アルバイトからライターに転身。約4年間編集プロダクションに所属したのち「TOMOLO」を立ち上げ、主にウェブメディアの運営や編集・執筆を行う。『ママテナ』のほか、『ダ・ヴィンチニュース』や『スーモジャーナル』、『FNNプライムオンライン』など幅広く寄稿し、フリーマガジン『BizHintマガジン』の編集・執筆も担当中。

ピックアップ

「マジでうめぇ」「至高」日本のフルーツ新作「白桃」が最高すぎた!!
食べるの?飲むの?ローソンの「葛シェイク」が意外と爽やか系だった
「ハマりそう」「一番好き」ローソン人気シリーズについにピスタチオが…!
賛否両論!? 意見が真っ二つに割れる話題のローソン新作スイーツ