共働きで家事がストレスに!夫婦喧嘩の前に家事の負担を軽くする方法

共働きで家事がストレスに!夫婦喧嘩の前に家事の負担を軽くする方法

毎日、仕事や子育てをしながら、家事をこなすのは大変です。納得した形で分担できないと家事のストレスが夫婦喧嘩の原因になることも。家事をこなす工夫だけでなくストレスや不満を溜め込まない工夫も必要です。この記事では、家事の負担やストレスを減らすヒントをご紹介します。

家事代行サービスとは?

忙しい家庭におすすめの家事代行サービスでは、どんなことをしてもらえるのでしょうか。

ここでは、どんなサービスがあるのか、メリット・デメリット、予算など、気になるポイントについてご紹介します。

プロに家事を代行してもらえる!

家事代行サービスでは、依頼者のニーズに合わせて家事を依頼することができます。

掃除、料理だけではなく、食材の買い出しや庭の手入れ、子どものお迎えをしてくれる業者もあります。

業者によってお願いできるサービスが異なりますので、依頼したい内容によって業者を選んでいきましょう。

専門スキル、資格を持ったプロや、家事代行の実績が豊富な人に依頼することができる点もポイントです。

家事代行サービスを利用するメリット

家事代行サービスのメリットは「家事をしなくてよい」ので、身体的・精神的負担から解放されることですよね。

・身体的負担が減る

・ストレスが軽減し、気持ちにゆとりが生まれる

・時間に余裕ができる、自分の時間が確保できる

・理想の生活環境に近づけることができる

家族が相手だとクオリティを求めづらいことも、家事代行サービスなら、仕事として依頼するので、細かな部分までお願いしやすいというメリットもあります。

家事代行サービスを利用するデメリット

家事代行サービスにも、デメリットはあります。

費用面と、さまざまなリスクです。「こんなはずじゃなかった!」ということのないように、利用を申し込む前に、把握しておきたいですね。

・費用がかかる

・依頼内容をきちんと伝える必要がある

・家事で使うものは事前に用意する必要がある

・対応や作業に「当たり外れ」を感じることがある

一定のデメリットがありますが、まずは1回だけ、お試し感覚で始めてみるとよいでしょう。

代行してもらえるサービスの一例

代行サービスには、さまざまなものがあります。

・エアコンや水回りのクリーニングなど「作業内容」が決まっているもの

・時間内で内容を自由に決められるもの

エアコンやキッチンの換気扇、お風呂やトイレなどの水回りは、専門の機器・スキルが必要になる場合が多く、専用のプラン・サービスがあることが多いです。

一方で、リビングの掃除、料理の作り置き、溜まった衣類の洗濯など、自宅にある家電やグッズを使うことで対応できる家事は、時間制で代行してもらえることが多いです。

下記のような家事は、多くのサービスで時間制で対応してもらうことができますよ。

【掃除】

・リビング

・キッチン

・水回り(お風呂、トイレ、洗面所)

・寝室

・玄関、外回り

・エアコン、換気扇

【洗濯】

・洗濯、乾燥

・洗濯物たたみ

・アイロンかけ

・布団クリーニング

・衣替え

【調理】

・食材の買い出し

・料理

・食事の後片付け

【その他】

・子どもの送迎

・病院の付き添い

・ペットの世話

など

家事代行サービスの費用は?

家事代行サービスの料金は、

・依頼内容

・作業時間

・作業人数

・依頼の頻度

などを加味して設定されています。

たえば、スタッフが1人より2人の方が料金がかかりますし、1回だけよりも定期的に利用するプランのほうが、1回分の料金はお手頃になることもあります。

基本料金の相場は、1時間あたり1,500円~4,500円です。最低利用時間が2時間、3時間と決められているサービスもあります。

また、これにスタッフの交通費や指名料、早朝・深夜の割り増し料金が加算されることもあります。

業者によって料金設定に違いがありますので、事前によく確認してから申し込みましょう。

おすすめの家事代行サービス3選

そんな家事代行サービスにはどんなものがあるのでしょうか。国内で多く利用されているサービスをご紹介します。

ピナイ家政婦サービス

1つ目は、ピナイ家政婦サービスです。

家政婦大国であるフィリピンでトレーニングを重ねた、本場のプロフェッショナル家事代行を実践しています。

スタッフは全員フィリピン人で、英語・日本語に対応可能です。サービスの作業範囲が豊富で、掃除や洗濯だけでなく、買い物代行やお子さまの送迎なども行っています。

掃除については、特にサービスが細分化されています。雑巾がけ、窓掃除、子ども部屋の掃除、おもちゃの拭き掃除などもあります。

共働き家庭はもちろん、産前産後や子育て世帯、単身赴任の際にも活用できます。

現在のサービス提供エリアは、東京23区を中心に、東京市部、神奈川県などがあります。

公式サイトをみてみる

Casy(カジー)

2つ目は、CaSy(カジー)です。

「クラウド家事代行」というキャッチコピーの通り、利用したいときに利用したいサービスだけをピンポイントに依頼できます。

主なサービスは、「お掃除代行」「お料理代行」「ハウスクリーニング」の3つ。それぞれのジャンルの中でサービスが細分化されていますので、ちょっと手が届かないところだけをお願いすることが可能です。

1時間2,560円からという業界最安値水準ですが、損害保険加入もあって安心です。

公式サイトをみてみる

ベアーズ

3つ目は、ベアーズです。

家事代行サービスの大手として名前が挙がる会社で、口コミの評価も高いです。

「ベアーズ 暮らしサポート」では、以下のサービスを中心に提供しています。

・エアコンクリーニング

・キッチンのお掃除

・水回りのお掃除

・お部屋のお掃除

・除菌・屋外のお掃除

マットレスやソファのクリーニングやフローリングのワックスがけ、風呂釜や洗濯機内の洗浄など、自分ではなかなかやりにくい部分の掃除など、メニューも充実しています。

公式サイトをみてみる

関連記事:

ピックアップ

離乳食完了期から 取り分けで簡単さんまおにぎり(1歳〜1歳6ヶ月頃から)【管理栄養士監修】
離乳食後期からの トースターで赤ちゃんポテト(生後9〜11ヶ月頃から)【管理栄養士監修】
お食い初めのお祝い金や贈り物は必要?誰にどう渡したらいいの?
お食い初めのやり方に決まりはあるの?食べさせる人や順番とは?