気分はアジア旅行!夏に食べたい「エスニック」レシピ

気分はアジア旅行!夏に食べたい「エスニック」レシピ

第5118回 ママテナ的まとめピックアップ
ハーブやスパイスをふんだんに使用したエスニック料理。夏になると、なぜか食べたくなりますよね。なんとなく自宅で作るのは難しそうなイメージがありますが、意外と簡単に作れちゃうんですよ!

1■鶏肉とトマトのココナッツミルク煮

気分はアジア旅行!夏に食べたい「エスニック」レシピ

野菜がたっぷりと入った「鶏肉とトマトのココナッツミルク煮」は、ボリューミーだけどサラッと食べられて、夏バテ気味のあなたにもおすすめです!

【材料】(2人分)
・鶏もも肉(ひと口大に切る)…200~300g
・トマト(ざく切り)…1個
・塩…少々
・こしょう…少々
・にんにく(みじん切り)…1片
・玉ねぎ(繊維を断つように薄切り)…1個
・ピーマン(縦4等分)…4~5個
・カレー粉…小さじ1
・サラダ油…大さじ1
・パクチー…お好みで
・ココナッツミルク…400cc
・ナンプラー…小さじ4

【作り方】
(1)鶏肉は塩こしょうをもみ込む。フライパンにサラダ油とにんにくを入れて火にかけ、香りが立ってきたら鶏肉を加えて炒める。
(2)肉の色が変わったら玉ねぎを加えてしんなりするまで炒め、ピーマンを加えてさらに炒める。
(3)カレー粉とココナッツミルク、ナンプラーを加え、約10分煮る。
(4)トマトを加えてさらに2分煮て、器に盛り付け、パクチーをトッピングしたら完成!

≫詳細はこちらから!

2■エビと小松菜のエスニックうどん

気分はアジア旅行!夏に食べたい「エスニック」レシピ

いざという時のため、冷凍庫にうどんをストックしているご家庭は多いはず。冷凍うどんも、手間加えればエスニック料理に大変身! 材料は多めですが、おうちにあるorすぐに手に入るものばかりなのでご安心ください。

【材料】(1人分)
・冷凍うどん…1玉
・豚こま肉…30g
・むきエビ…3尾
・干しエビ…4g
・卵…1個
・小松菜…150g
・ぶなしめじ…1/4株
・玉ねぎ…1/4個
・にんにく…1/4かけ
・豆板醤…小さじ1/2
・鶏ガラスープの素…小さじ1
・ナンプラー…大さじ1/2
・酢…大さじ1/2
・みりん…小さじ1/2
・塩…適量
・水…2カップ
・サラダ油…大さじ1/2

【下準備】
むきえび→背中を開いて背わたを取る
小松菜→5cmほどの大きさに切り、茎と葉を分けておく
ぶなしめじ→石突きを取り、ほぐす
にんにく→みじん切り
玉ねぎ→薄切り
卵→溶いておく

【作り方】
(1)鍋にサラダ油を入れて弱火にかけ、熱くなったら豆板醤とにんにく、豚こま肉、干しエビを入れて炒める、玉ねぎを加えてさらに炒める。
(2)油が赤くなり、エビの香ばしい香りがしてきたら水、ナンプラー、みりん、酢、鶏がらスープの素を入れて火力を強め、小松菜の茎を加える。
(3)沸騰したら凍ったままの冷凍うどんを入れ、解凍され再沸騰したらぶなしめじとエビを入れる。
(4)うどんのみを器に盛り、残ったスープに小松菜の葉を加え、卵液を回し入れる。
(5)強火で沸騰させ、卵かかたまったら火を消し、うどんにかけて完成!

≫詳細はこちらから!

3■万能エスニックそぼろ

気分はアジア旅行!夏に食べたい「エスニック」レシピ

最後は、そのままごはんにかけてもよし、アレンジしてもよしの「万能エスニックそぼろ」の作り方を紹介します。

【材料】
・鶏ひき肉…200g
・米酢…小さじ1
・ナンプラー…大さじ1
・砂糖…大さじ1

【作り方】
(1)点火前のフライパンに鶏ひき肉と米酢を入れ、菜箸で全体を混ぜてから火をつけて中火にする。
(2)鶏ひき肉の色が変わったらナンプラーと砂糖を入れ、ほぐしながら汁気が飛ぶまで炒めたら完成!

≫詳細はこちらから!

エスニック料理はクセが強い場合がほとんどなので、自分は好きだけど家族が……というケースもありますよね。食べに行くのももちろんよいものですが、おうちで作れるメリットも。ぜひチャレンジしてみてくださいね。
(文・明日陽樹/TOMOLO)

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
TOMOLO
明日陽樹
TOMOLO
大学卒業後、アルバイトからライターに転身。約4年間編集プロダクションに所属したのち「TOMOLO」を立ち上げ、主にウェブメディアの運営や編集・執筆を行う。『ママテナ』のほか、『ダ・ヴィンチニュース』や『スーモジャーナル』、『FNNプライムオンライン』など幅広く寄稿し、フリーマガジン『BizHintマガジン』の編集・執筆も担当中。
大学卒業後、アルバイトからライターに転身。約4年間編集プロダクションに所属したのち「TOMOLO」を立ち上げ、主にウェブメディアの運営や編集・執筆を行う。『ママテナ』のほか、『ダ・ヴィンチニュース』や『スーモジャーナル』、『FNNプライムオンライン』など幅広く寄稿し、フリーマガジン『BizHintマガジン』の編集・執筆も担当中。

ピックアップ

セブン「関西グルメフェス」で本当にうまかった商品TOP3
ハズレなし!ローソン×GODIVA新作4品をまとめてチェック!
「うますぎて困る」「ずっと食える」一度は食べておきたい激うまアイス3品
「めっちゃうまい」「大好物」おすすめしたいセブンスイーツ3選