専業主婦は家事をきちんとしないといけない?洗っても洗っても追加される食器に嫌気がさした私は…

専業主婦は家事をきちんとしないといけない?洗っても洗っても追加される食器に嫌気がさした私は…

わが家は6人家族で、4人の子どもがいます。毎日限られた時間のなかで、家事や育児をこなすことは本当に大変です。食器を洗っても洗っても、食べ終わった家族から順次追加で食器を出され、終わりが見えない食器の後片付けに嫌気が……。専業主婦である私は家事をきちんとこなさなければいけないと思っていたのですが、毎日の家事をラクにする方法はないかと考えるようになりました。

忙しい日常を変えられないか模索する日々

私には、7歳、5歳、4歳、2歳の子どもがいます。毎朝、朝食の準備や夫と次男のお弁当を作ったり、次男を幼稚園バスの停留所まで送ったりと、朝からバタバタとした日常を送っています。


他にも、毎日の食器洗いや洗濯物の量が多く、それらを片付けるだけで時間がかかってしまうのです。毎日決まった家事をするだけで数時間が過ぎてしまうため、私はどうにか時間を効率的に使えないかと考えるようになりました。その結果思いついたのが、手を抜いても支障をきたさない家事は手を抜くということでした。

洗濯物は室内干しにする

わが家の毎日の洗濯は、7.5 kgの洗濯機を2回転。毎日たくさんの洗濯物をベランダに干したり、畳んだりするだけで、時間がかかっていました。また短時間とはいえ、子どもたちから目を離し、ベランダで洗濯物を干すことに抵抗を感じていた私。そこで思いついたのが、部屋干しするためのハンガーラックを活用することでした。


部屋干しに替えたのは、寒い冬。エアコンをつけていたので、エアコンの風が当たる動線にハンガーラックを置き、洗濯物を干すことにしたのです。また、3月に入ってからは、だいぶ暖かくなり、エアコンを使用しない日は、窓のそばの風通りが良い場所にハンガーラックを置くことに。結果、まめに洗濯物の乾きを確認ができて、前倒しで洗濯物を片付けられるようになりました。ベランダまで重い洗濯物を運ばずに済んだうえ、時間短縮にもなったので、部屋干しにしてよかったです。

関連記事:

ピックアップ

<不倫夫と離婚後の話>「あなたが奥さんですか?」初対面の美人女性に突然質問されて…
<0日婚>「ふざけた結婚は許さん!」家族がお祝いムードの中、父だけが反対だと怒鳴り出し…!?
「ママ、それおいしい?」寝ていたはずの2歳児からのするどい突っ込みとは…【体験談】
「届かないと思っていたけれど…」バナナが食べたいがための息子の行動とは…【体験談】