引退が早すぎてショックだったプロ野球選手ランキング 3位 松井秀喜、斎藤佑樹、2位 江川卓、1位は?

引退が早すぎてショックだったプロ野球選手ランキング 3位 松井秀喜、斎藤佑樹、2位 江川卓、1位は?

プロスポーツにおいて、どんなスーパースターにも訪れる「引退」。加齢による体力の衰えによって引退する選手がいる一方、けがが原因で引退する選手や、まだ十分な成績を残しているのに引退してしまう選手も少なくないようです。
そこで今回は、引退が早すぎてショックだったプロ野球選手は誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 斎藤佑樹
3位 松井秀喜
2位 江川卓
1位 ???
全てのランキング結果を見たい方はこちら!

3位は「斎藤佑樹」!

「斎藤佑樹」
早稲田実業高時代の3年夏、甲子園大会決勝で駒大苫小牧高のエース・田中将大(現・楽天イーグルス)と投げ合い、延長再試合を制して優勝。「ハンカチ王子」と呼ばれ一大旋風を巻き起こす。プロ入りが期待されたが早稲田大学に進学し、卒業後にプロ野球へ。1年目に6勝をあげるが、その後は故障が重なり、2021年に33歳で現役を引退した。

最終所属球団:北海道日本ハムファイターズ
投打:右投右打
生年月日:1988年6月6日
ドラフト:2010年ドラフト1位

同率3位は「松井秀喜」!

「松井秀喜」
星稜高時代から甲子園大会で5打席連続で敬遠されるなど強打者としてプロ入り。主力打者として通算332本塁打、本塁打王と打点王の二冠に3度輝くなど活躍。2003年にFA制度でMLBのニューヨーク・ヤンキースに移籍。日本人で初となるワールドシリーズでMVPに輝く。その後、両膝の故障から成績が低迷。2012年に38歳で引退する。

最終所属球団:タンパベイ・レイズ
投打:右投左打
生年月日:1974年6月12日
ドラフト:1992年ドラフト1位

関連記事:

ピックアップ

一度は乗ってみたいユニークな世界の観覧車ランキング!1位のドバイは世界一の○○!
橋本環奈が最高にかわいい作品ランキング!かぐや様は告らせたい、銀魂、今日から俺は!! 1位は?
【おもちゃのまち、乙女、すずらんの里】かわいいと思う「駅の名前」ランキング!
一番泣いた!歴代ジャンプアニメランキング!ONE PIECE、鬼滅の刃、ハイキュー!! 1位は?