【コレ買いました!】登山電車とケーブルカーが登り降りする! 箱根みやげのトンガリペンケース

文具のとびら編集部

先日、箱根に行ってきました。箱根湯本から登山電車(左写真)、ケーブルカー(右写真)、ロープウェイ、海賊船と乗り継いで、ゴールデンコースをぐるりと周遊してきましたが、色々とおみやげも買ってきたのでご紹介しましょう。

強羅駅で登山電車からケーブルカーに乗り継ぐ合間に、駅の売店で購入したのが、箱根の山をモチーフにしたトンガリペンケースです。価格は税込1,210円。箱根登山ケーブルカー100周年記念で発売された、箱根登山鉄道のオリジナルグッズです。製造元はデザインフィル コマーシャル事業部とのこと。全体的に漂うしゃれた感じは、デザインフィルが手がけているからなのでしょう。

「登山電車とケーブルカーが箱根の山を登り降りするペンケース」といういささか長い商品名ですが、その名の通り登山電車とケーブルカーのチャームがファスナーの引き手に付いていて、ファスナーを開け閉めする度にペンケースを登り降りする仕組みになっているのがユニークです。ちなみに、赤い方が登山電車で、青いのがケーブルカーです。

ペンケースにはおしゃれなストラップも付いていて、カバンに付けて持ち運んだりもできます。

ちなみに、筆者は強羅駅で購入しましたが、その後立ち寄った箱根湯本駅の売店でも販売していました。箱根エリアの何カ所かで販売しているようです。詳しくはこちらをご参照ください。また、オンラインでも販売しています。

このペンケースには、同じく箱根みやげの登山電車定規と、箱根にちなんで小田急ロマンスカーモデルの筆記具を2本入れてみました。

ダイカットタイプの「箱根登山電車定規」は何種類かありましたが、筆者が購入したのは、一番レトロな「モハ1形」の定規です。結構厚みもあって、しっかりとした定規です。

筆記具の方は、以前にもご紹介した(こちらの記事を参照)小田急ロマンスカーをモチーフにした小田急限定モデルの「ジェットストリーム4&1」と、こちらも小田急ロマンスカーモチーフの小田急限定モデルのシャープペン「アドバンス」です。どちらも、三菱鉛筆の人気筆記具がベースとなっています。「ジェットストリーム4&1」は先頃定期運行を終了したVSEデザインで、「アドバンス」は最新車両のGSEデザインです。

関連記事:

ピックアップ

【新製品】「すみっコぐらし」新テーマ「おうちでくまカフェ」のアイテム発売
【連載マンガ】漫画家さんと文具屋さん/第145話「メガネでエコな漫画家さん」
【新製品】「EDiT」から手帳用紙を使った手のひらサイズのノート登場
【新製品】大人の塗り絵に「ファーバーカステル 水彩色鉛筆100色セット」