東京ミッドタウンにて『山田耕熙 写真展「The Land of Tigers」』開催

「Atelier Rantham(アトリエ ランタン)」は、10月14日(金)~20⽇(⽊)の期間、東京ミッドタウン・ウエスト1F、「フジフイルム スクエア」内、「富士フイルムフォトサロン東京」にて『山田耕熙 写真展「The Land of Tigers」』を開催する。

山田耕熙氏のコメント

同展について、山田耕熙氏は「本写真展の主役は、私がインドのランタンボール国立公園で追い続けている、野生の虎の親⼦達です。私は虎達を、我々⼈間の⽣活から遠く離れた“全く別の世界の生き物”としてではなく、“同じ世界を生きる⼀つの命 ”として見つめています。美しく広⼤なジャングルで無限に繰り返されてきた彼らの営み…。写真展ではそこにフォーカスし、彼らの日常と同時 に、その⼀⽣をも感じていただけるような構成を意識しています。撮影を通じて、私達人間と虎達との間には、⽣き物として⾒たときに共通するものが多くあると感じています。また⼀方で、必要以上を奪わず、無駄なく⽣きる彼らの姿からは、今の様な時代だからこそ、私達人間が学ぶべきことが多くあると痛感しています。私の写真を⾒ていただく⼈にとって、虎達の姿とご自身の人生や家族を重ね、心から寄り添 って貰える様な写真展となれば幸いです。」とコメントを寄せた。

『山田耕熙 写真展「The Land of Tigers」』概要

同展では、B0・B1・B2サイズなど、カラー⼜はモノクロで、約60点の展⽰作品を予定。また、展⽰作品は、描写性の⾼い富⼠フイルム製品「銀写真プリント」が使⽤されている。

関連記事:

ピックアップ

見え方や読む手段の異なる人が一緒に使える「バリアフリーカレンダー2023」販売中
自己肯定感をはぐくむ知育子ども服「i do button」、第1弾としてナイトウェアを販売
丸義モリカワが暮らしの中の脱炭素をテーマにした「CN2050〜脱炭素ボードゲーム〜」を発売
宮崎県日之影町が、台風14号緊急災害支援を企業版ふるさと納税にて寄附受付開始