結婚生活に疲れたらどうすればいい?離婚を考える前にやるべきこと

結婚生活に疲れたらどうすればいい?離婚を考える前にやるべきこと

結婚生活に疲れた……と、思わずため息を漏らしてしまう人は少なくありません。

付き合っていた頃はお互いの良い部分ばかりが目に入っていたカップルも、結婚して1つ屋根の下で一緒に生活すると、嫌でも相手の欠点が目に入ります。

そうすると「こんなに辛い思いをしてまで結婚生活を続ける必要があるのかな」と離婚が頭をよぎる人もいるでしょう。

今回は、結婚生活に疲れたと感じる原因や対処法について、ベリーベスト法律事務所の弁護士が解説します。

この記事が、結婚生活に疲れていても今後もこの生活を続けるのか、それとも離婚するのか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

1、結婚生活に疲れたと感じる原因は?

なぜ、「結婚生活に疲れた」と感じてしまうのでしょうか。その原因について、見ていきましょう。

(1)自分が自由に使えるお金が減った(なくなった)

独身の頃は、自分で稼いだお金を自分で自由に使えていたのに、結婚してからは自分のお金を好き勝手に使うわけにはいかなくなった人も多いのではないでしょうか。

自分で稼いだお金は、家庭に入れなければなりません。

なかには、結婚や出産を機に専業主婦となったことから、自分で自由に使えるお金が一切なくなってしまった人もいるでしょう。

自由に使えるお金がほとんどない制限された状態で、この先何十年と結婚生活を続けていくとなれば、結婚生活に疲れたと感じるのも無理はありません。

(2)1人になれる時間がない

夫婦になると、1つ屋根の下で結婚生活を送る人が多いですから、夫婦は同じ家で長い時間を共にすることになります。

「たまには1人になりたい」と思っても、夫や子供が家にいれば1人になれる時間がありませんよね。

ずっと家族と一緒にいる生活に、窮屈さを感じている人もいるでしょう。

(3)相手の欠点や価値観の違いが受け入れられない

結婚生活を続けていると、結婚前とは異なり、相手の欠点や価値観の違いが嫌でも目に入ります。

付き合っている頃は我慢できていた相手の欠点も、毎日同じ家で顔を合わせていると、どうしても許せない気持ちになることもあるでしょう。

(4)相手に興味がなくなった

結婚生活を続けるにつれて、付き合っていた頃に感じていた愛情が冷めていくのは珍しいことではありません。

相手に興味がなくなってしまうと、なぜ結婚生活を続けなければならないのか、どっと疲れが出てくる人もいるでしょう。

(5)夫婦間での会話がほとんどない

同じ家に住んでいても、ほとんど会話がない夫婦は少なくありません。

大きな喧嘩をしているわけではなくても、段々と会話がなくなれば、同じ家に住んで結婚生活を続けることに疲れを感じるのも自然なことでしょう。

(6)家事や育児の負担が自分に集中している

本来、夫婦は2人で共同生活を営んでいるわけですから、家事や育児も共同で負担するのが自然な姿です。

しかしながら、日本では女性が仕事をしていたとしても「家事や育児は女性がやるもの」と考えている男性が少なくありません。

知らず知らずのうちに、家事や育児の負担が女性側に集中しているケースも、珍しくないでしょう。

自分も仕事で大変ななか、家事や育児の負担が自分に集中しているとなれば、結婚生活に疲れたと感じるのも無理はありません。

(7)専業主婦でいることに疲れた

独身の頃は仕事をしていた女性が、結婚して専業主婦になると、社会との繋がりが無くなることになります。

社会との繋がりを持っていないと、自分の存在価値がわからなくなり、専業主婦でいることに疲れたと感じる女性もいることでしょう。

(8)相手の家族との付き合いが大変

結婚は、夫婦本人同士の話だけでなく、家と家の問題でもあります。

相手の家族との付き合いや嫁姑問題が発生すると、家族間での付き合いから結婚生活に疲れを感じる人もいます。

(9)性生活に対する意見の相違、不満がたまっている

夫婦間で性生活に対する意見の相違や不満がたまると、それが結婚生活を続けるべきかという問題にまで影響することがあります。

性生活の問題はデリケートなため、夫婦でなかなか真剣に話すことができず結婚生活に疲れを感じている人もいるでしょう。

(10)子育てに関する方針に大きな違いがある

夫婦だからといって、子育てに関する方針が一致するかといったらそういうわけではありません。

一方は「子供のことは怒らずのびのび育てたい」と思っていても、もう一方が「しっかりしつけをしたい」と思っている可能性もあります。

以上のように、子育ての方針に大きな違いがあれば、夫婦で衝突し結婚生活に疲れたと感じてしまうのも無理はないでしょう。

(11)DVやモラハラがある

夫のDVやモラハラがある場合、結婚生活に疲れを感じないほうが不自然です。

DVやモラハラをしてくる夫と同じ家で生活をしていると、いつ暴力や暴言が夫から飛んでくるのかビクビクしながら、ストレスを抱えることになるでしょう。

2、結婚生活に疲れたときの対処法

ここからは、結婚生活に疲れたときの対処法を見ていきましょう。

(1)1人になれる時間を意識して作る

夫婦が一緒に家にいると、1人になれる時間がなく疲れが取れない人もいるでしょう。

この場合は、ストレスがたまる前に1人になれる時間を意識して作るのがおすすめです。

家で1人になれない場合は、1〜2時間ほど1人でカフェに行くというようなリフレッシュ方法も良いでしょう。

(2)家事や育児の分担を夫婦で決める

家事や育児は、放っておくと女性側に負担が集中してしまいがちです。

家事や育児の負担が自分に集中していると感じる場合は、夫婦で家事や育児の分担について話し合いましょう。

(3)お金の使い方を夫婦で見直す

自分が使えるお金の額に不満がたまると、結婚生活自体に不満が溜まっていきます。

夫婦のどちらか一方にお金に対するストレスが集中しているのであれば、2人でお金の使い方を見直してみましょう。

(4)お互いの不満や正直な気持ちを話してみる

夫婦が離婚に至る原因は、何か1つの事情に限定されるわけではなく、日々の不満が積み重なり、不満が限界に達したときに離婚に至るケースが一般的です。

結婚生活を続けていくためには、お互いが不満をためこみすぎないように、定期的にお互いの不満や正直な気持ちを話してみることが大切です。

夫婦であっても、実際に話してみないとお互いの正直な気持ちはわかりません。

話し合うことで、初めてお互いの不満や悲しみを理解できることもあるでしょう。

(5)一度実家に帰る

どうしても結婚生活を続けることがつらくなった場合は、一度実家に帰ってみるのも1つの選択肢です。

結婚生活に疲れたからといって、いきなり離婚話を進めてしまうと、後悔が残る可能性があります。

一度実家に帰れば、夫と物理的に距離が離れるため、落ち着いてこれからのことについて考えられるでしょう。

(6)友達と会ってストレスを発散する

夫婦といえども、自分の気持ちを全て夫に理解してもらおうとするのは、無理がある場合も多いです。

結婚生活にストレスがたまる場合は、友達と会っておしゃべりすることでストレスを発散するのもいいでしょう。

(7)相手に期待しすぎない

相手に期待しすぎると、「やってくれると思ったのに!」「なんでやってくれないの?」などと不満の気持ちがたまりやすいです。

相手は完璧な人間ではないので、自分のストレスを溜めないためにも、相手に期待しすぎるのはやめましょう。

関連記事:

ピックアップ

嫁・妻と合わない!離婚に至る前に考えるべき5つのこと
離婚やることリスト〜離婚前から後までやるべきことを全て解説
離婚後に生活保護を受けるために知っておくべき6つのポイント
離婚で兄弟分離ができる条件|離婚における子どもの福祉の原則4つ