和太鼓エンターテイメント集団「DRUM TAO」が最新作舞台「KAIKI」九州FINALツアー開催

世界観客動員数900万人の和太鼓エンターテイメント集団「DRUM TAO(ドラムタオ)」は、今年5月に初公開した新作舞台「KAIKI」を、12月に「2022 FINALツアー」として九州全県で上演する。

国内外414公演を経て本拠地・九州へ凱旋

「DRUM TAO」は、毎年新作舞台を制作し、地元・九州で公開。全国ツアーを経て、毎年12月に九州へと帰ってくる。

今年は海外ツアー再開となるアメリカツアーを含み、年間414公演の上演を実現。そして、12月3日(土)~28日(水)の期間、全11日程・13公演のスケジュールで、本拠地・九州へ凱旋する。

新作舞台のテーマは「原点回帰」

2022年の新作舞台のテーマは「原点回帰」。30周年を目前に控え、根本からの“原点回帰”を追求している。

和太鼓に初めて触れた瞬間の気持ち、TAOに出会ったときのあの気持ちへ―。人間本来の「強さ」を精神性高い世界観で表現する、渾身の舞台だ。

衣装は、世界的なデザイナーのコシノジュンコ氏が担当している。

関連記事:

ピックアップ

【福岡県八女市】オープニングイベントも!自然が薫る家「MOKKA」モデルハウスオープン
榮太樓總本鋪から「新春 和菓子詰合せ 二段重」が登場!冬季限定のバターどら焼きも
ICT活用でSDGsを達成するヒントがここに!書籍『ICTでSDGsを具現化する』発刊
【東京都目黒区】ネパール料理レストランADIのシェフ監修のスパイス「ADI MASALA」を発売