旬の「ごぼう」をパパッと調理!簡単・激うまレシピ3選

旬の「ごぼう」をパパッと調理!簡単・激うまレシピ3選

第5144回 ママテナ的まとめピックアップ
晩秋から冬=10~12月頃が旬とされる「ごぼう」。独特の食感と風味がクセになる野菜ですが、きんぴらや煮物、豚汁くらいしかレパートリーが……なんて人もいるのでは? そこで、簡単&おいしいごぼうのレシピを3つ集めました!

1■ごぼうとひじきのサラダ

旬の「ごぼう」をパパッと調理!簡単・激うまレシピ3選

まずは、「ごぼうとひじきのサラダ」を紹介します。(1)マヨネーズを使わない、(2)火を使わないのがポイントです!

【材料】
・ごぼう…30cm×2本
・芽ひじき…大さじ2
・ごまだれ…100cc

【作り方】
(1)ごぼうの皮をむき、4等分にし、細めの千切りにする
(2)(1)を水につけ、しばらくしたらしっかり水を切る
(3)芽ひじきは戻さずに、さっと洗う
(4)耐熱容器にごぼうと芽ひじき、ごまだれを入れてラップをかけ、電子レンジ(600W)で4分加熱すれば完成!

≫詳細はこちらから!

2■こってり甘辛やみつきごぼう

旬の「ごぼう」をパパッと調理!簡単・激うまレシピ3選

続いては、作り置きにもピッタリの「こってり甘辛やみつきごぼう」です。れんこんでもOKのレシピなので、覚えておくと便利なはず?

【材料】
・ごぼう…1本(100g)
・片栗粉…大さじ1.5
・しょうゆ…大さじ1
・みりん…大さじ1
・白ごま…大さじ1
・砂糖…小さじ2
・サラダ油…大さじ3

【作り方】
(1)ごぼうの皮をそいで、6cmの長さに切り、太い部分は縦2~4等分の薄切りにする
(2)水に3分さらし、水気を切ったらポリ袋に入れて片栗粉をまぶす
(3)小さめのフライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、ごぼうの両面をよく焼く
(4)火が通ったら余分な油を取り、しょうゆとみりん、白ごま、砂糖を加えて絡める

≫詳細はこちらから!

3■鮭と舞茸とごぼうの炊き込みご飯

旬の「ごぼう」をパパッと調理!簡単・激うまレシピ3選

最後は、旬のおいしさをギュギュっととじ込めた「鮭と舞茸とごぼうの炊き込みご飯」のレシピです。鍋で炊くレシピとなりますが、炊飯器でもOK!

【材料】
・米…2合
・鮭…2切れ
・ごぼう…1本
・舞茸…1パック
・白だし…大さじ3
・酒…30ml
・しょうゆ…30ml

【作り方】
(1)米2合を鍋に入れて、通常通りの水を入れて30分ほど吸水させ、お玉1杯分(60ml)の水をすくって捨てる
(2)白だし、酒、しょうゆを入れてから、鮭を入れる
(3)洗ったごぼうをささがきして(2)に直接入れる
(4)ごぼうの上に舞茸をほぐして入れて、中火にかけて沸騰したら鍋に蓋をして弱火にし、11分加熱する
(5)火を止めて、フタを取らずに10分蒸らす

≫詳細はこちらから!

テキストにすると難しく見えるけれど、実際はそんなに難しい工程はありません。ごぼうの大量消費にもおすすめですよ。
(文・明日陽樹/TOMOLO)

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
TOMOLO
明日陽樹
TOMOLO
大学卒業後、アルバイトからライターに転身。約4年間編集プロダクションに所属したのち「TOMOLO」を立ち上げ、主にウェブメディアの運営や編集・執筆を行う。『ママテナ』のほか、『ダ・ヴィンチニュース』や『スーモジャーナル』、『FNNプライムオンライン』など幅広く寄稿し、フリーマガジン『BizHintマガジン』の編集・執筆も担当中。
大学卒業後、アルバイトからライターに転身。約4年間編集プロダクションに所属したのち「TOMOLO」を立ち上げ、主にウェブメディアの運営や編集・執筆を行う。『ママテナ』のほか、『ダ・ヴィンチニュース』や『スーモジャーナル』、『FNNプライムオンライン』など幅広く寄稿し、フリーマガジン『BizHintマガジン』の編集・執筆も担当中。

ピックアップ

「箱で買いたい」「天才」必ず食べたい激うまアイス3選
「最高すぎる」マック自信作に賞賛の声続出【おすすめ3選】
「何個も食べてる」「まとめ買いしたい」セブンの激うま商品が復活【おすすめ3選】
「永遠に食べれる」「本当においしい」じゃがりこ新商品とは【おすすめ3選】