【東京都北区】予約が取れない人気ティーサロンが、旧古河邸にてアフタヌーンティーイベントを開催!

日本屈指のアフタヌーンティーサロン「スリーティアーズ」を運営するブリティッシュ・プライドは、東京都北区にある都内屈指の洋館「旧古河邸」にて、クリスマスアフタヌーンティーイベントを12月5日(月)・19日(月)の2日間限定で開催する。

都内屈指の洋館でアフタヌーンティーを体験

スリーティアーズはこれまで、鳩山会館(東京・文京区)、九段ハウス(東京・千代田区)、貴賓館(東京・品川区)、綿業会館(大阪・中央区)など洋館を舞台にしたアフタヌーンティーイベントを実施してきた。

今回舞台となる旧古河邸は、鹿鳴館、旧岩崎邸、綱町三井倶楽部などを手掛けたイギリス人建築家ジョサイア・コンドルによる設計で、大正期の西洋建築を今に伝える貴重な文化財として知られている。

クリスマスにとっておきのひとときを

今回は邸宅1階にある天井装飾の美しい大食堂、部屋の各所にバラの彫刻があしらわれた応接室という2つの空間でアフタヌーンティーを提供。

クリスマスのひとときを、とっておきのアフタヌーンティーとともに過ごすことができる。

関連記事:

ピックアップ

【東京都・大阪府・愛知県】伊勢丹新宿店は初出店!メレ・ド・ショコラが全国4店舗にて期間限定出店
【愛知県瀬戸市】特別展「アーツ・アンド・クラフツとデザイン」愛知県陶磁美術館にて開催
【兵庫県】SibaServiceがたつの市「子育て支援プロジェクト」へ寄附し感謝状を授与
ミスFLASH2023グランプリの3人による番組、マシェバラにて定期配信開始