もっと手軽に作りたい!わが家の時短ハンバーグの作り方

もっと手軽に作りたい!わが家の時短ハンバーグの作り方

こんにちは。ママライターの田中由惟です。老若男女問わず人気のハンバーグですが、意外と調理の手間がかかるなと感じていました。手に肉の脂がベタベタ付く、玉ねぎをバターで炒める手間もいやでした。今回は、わが家で実践するハンバーグ作りの工夫をお伝えします。

 

こんにちは。ママライターの田中由惟です。老若男女問わず人気のハンバーグですが、意外と調理の手間がかかるなと感じていました。手に肉の脂がベタベタ付く、玉ねぎをバターで炒める手間もいやでした。今回は、わが家で実践するハンバーグ作りの工夫をお伝えします。

 

玉ねぎをバターで炒める手間をなしに!

 

わが家のハンバーグは「たまねぎ」を炒めずに「生」のまま、ミンチに混ぜ合わせます。バターで炒める手間なし!カットはフードプロセッサーにお任せです。たまねぎのほか、椎茸やニンジンなど残り野菜を入れることもあります。

 

フードプロセッサーだと細かくカットされるので、火が通りにくい心配もありません。また、野菜から水分が出るので牛乳を入れる必要なし。つなぎに「片栗粉」を入れることもあります。

 

調理用手袋で汚れ知らず

 

わが家では、使い捨ての調理用手袋をしてからハンバーグのタネを作っています。手袋を使うと汚れ知らず。肉の脂が手に付くと、なかなかキレイになりませんよね。作っている最中にコンロや換気扇のスイッチを触るときも安心です。

 

手袋を脱いですぐ触ることができるので、ストレスが減りました。ドラッグストアやホームセンターなどで調理用の手袋が販売されています。1箱購入しておくと、さまざまな調理シーンで活躍すると思います。

 

関連記事:

ピックアップ

度々ニュースで見る子どもの事故やトラブル…子どもの安全をどう守る?責めるしつけが危険を招く!?
「誰か開発して…!」共感しかない!?親になって分かったこの世に無いけれど子育てに必要なもの
「もうどうでもいいや…」気をつかっていた保育園生活を一変させた娘の実態とは?
「大学どこ?」学歴コンプレックスの私。結婚前、彼の問いに答えたら意外な展開に!?