食べられるときに食べられるものを!妊娠初期の食事の基本

食べられるときに食べられるものを!妊娠初期の食事の基本

妊娠初期はつわりのため、食事の量が少なくなってもあまり気にしないこと。食べられるときにママが食べたいものを食べましょう。食事を何回かに分けて摂るのも。嘔吐が続く場合、水分だけはしっかり補給するようにしましょう。できるだけ栄養バランスが崩れないように、たんぱく質・鉄・カルシウム・ビタミン・葉酸を意識した食事を。

妊娠初期は、0〜15週ごろ。赤ちゃんにとっては、体の主な器官ができる重要な時期です。ママの体はつわりの症状が出てくるようになり、嘔吐に悩まされる人も多くなります。


今回は、だんだんとおなかのふくらみもわかるようになる、妊娠初期に食べたい食事についてご紹介します。

つわりのときは食べる量を気にしたほうがいい?

妊娠初期は、おなかの中の赤ちゃんがまだ小さい時期です。つわりの影響で、食事の量がいつもより少なくなっても、あまり気にしないこと。食べられるときに、ママが食べたいものを食べましょう。


空腹になると気持ちが悪くなる場合は、食事を何回かに分けて摂るのもいいでしょう。嘔吐が続くときは、脱水症状を起こすこともあります。水分だけは、しっかり補給するようにしましょうね。

妊娠初期、積極的に摂りたい栄養素は?

つわりの時期は無理せずに食べることが大切ですが、できるだけ栄養バランスが崩れないようにすること。栄養素は、たんぱく質・鉄・カルシウム・ビタミン・葉酸を意識した食事を摂りましょう。


とくに葉酸は、赤ちゃんの体が作られる妊娠初期にしっかり摂りたい栄養素です。汁物や副菜に、ほうれん草や小松菜などの緑黄色野菜を加えながら、葉酸を意識して摂るように心がけてくださいね。

関連記事:

ピックアップ

「意外と…あるね」入籍前に問題が浮上!?すると彼から提案が…/結婚相談所-入籍編-
「私この園の古株なの」幼稚園でママ友たちの闇に巻き込まれる…!? #ママ友トラブル1
「えっ、破裂!?」生理は3カ月に1度。おなかの膨らみが気になり受診すると…
「気分転換なわけあるか!」産後のボロボロの体で夫の代わりに買い物へ… #夫が別人のようになった話 13