【アレルギーQ&A】アナフィラキシーショックってどんなもの?

【アレルギーQ&A】アナフィラキシーショックってどんなもの?

アレルゲンとなっているものを食べたときに、皮膚が赤くなるような症状が出たり、ゼイゼイという苦しそうな呼吸をするようになったら、もしかしたらアナフィラキシーの症状かもしれません。さらにひどくなると、血圧が低下したり意識を失うことも!今回は命にも関わるアナフィラキシーショックについてお伝えします。

レルゲンとなっているものを食べたときに、皮膚が赤くなるような症状が出たり、ゼイゼイという苦しそうな呼吸をするようになったら、もしかしたらアナフィラキシーの症状かもしれません。さらにひどくなると、血圧が低下したり意識を失うことも!今回は命にも関わるアナフィラキシーショックについてお伝えします。

アナフィラキシーってなに?

アレルゲンとなっている食べ物を食べてからしばらくすると、皮膚が赤くなってかゆみが出たり、または苦しそうな呼吸状態になったり、さらに下痢や嘔吐といった症状が出ることがあります。

このように、いくつかの症状が短い時間の間で全身に起きることを、「アナフィラキシー」といいます。

アナフィラキシーショックは命の危険も!

アナフィラキシーの症状がひどくなると、急激に血圧が低下したり、意識を失ったり、さらには呼吸状態まで悪くなるようなことがあります。

意識がなくなるような症状が出た場合は、アナフィラキシーショックというショック症状を引き起こしている可能性もあります。場合によっては命にも関わる深刻な症状のため、急いで医療機関を受診したり、救急車を呼ぶようにしましょう。

関連記事:

ピックアップ

「脱いで!シミになるから!」帰り道でアクシデント!うかつにも脱いでしまい…
<育児日記>「もう、どうにでもなれ!」まったく寝ない息子に対して、母がとった意外な行動とは!
「俺、洗濯物やるね」夫が家事をするのは育児から逃げたいとき。娘のお世話を避ける夫に、妻は?
「生理が原因!?」美容メンテがうまくいかなかった理由にビックリ!