ベルギーで2回目の学校閉鎖を経験。「1回目の時と違うな〜!」と思ったことのタイトル画像
公開 2021年04月23日   更新 2022年04月13日

ベルギーで2回目の学校閉鎖を経験。「1回目の時と違うな〜!」と思ったこと

13,854 View

私が住むベルギーでは、新型ウイルスの影響で、先日2回目の学校閉鎖がありました。1回目の時と大きく違ったことは……?


>シリーズの最初から読む


まいどおおきに!

ロックダウンはまだ耐えられるけど、学校閉鎖はそうもいかない系オカン、さとえみです。


いや、ホンマ……。学校閉鎖はホンマにホンマに…(以下略)。

もちろん、その必要性は理解しています。

でもやっぱり大変なんです。


私が住むベルギーでは、先日まで小学校の学校閉鎖が行われていました。

やっと学校が再開されたところなのですが、一年前の学校閉鎖時と今回とでは様々な変化がありました。

1回目の時は……

ベルギーで2回目の学校閉鎖を経験。「1回目の時と違うな〜!」と思ったことの画像1


一回目は、とにかく通常と同じかそれ以上の効果を求めて、勉強や運動などをさせようとしていました。

我が家は普段日本語の勉強をしている関係で、予備の教材はたっぷりあったし、何より私が教員免許を取っていたという自負もありました。

だから「まあ、大変だけどできるっしょ」と思っていたんです。


朝は普段学校に行く時間には起こさないと!と思ってました。

夜はそのためにも早く寝かさないと!と思ってました。

昼はそのためにも、体をできるだけ動かすようにと……。

そう思っていたんです……。


しかし、やってみてそれらは「無理ゲー」だと気づきました。

子どもは夜更かしをしたいし、朝もずっと寝ていたいし、昼間は家でずっとアニメを見ていたいのです。


子どもの願望というか、むしろそれは私の願望で……。

そんな葛藤の間で疲弊しまくった、第一回目の学校閉鎖だったのでした。

そして今回(2回目)

ベルギーで2回目の学校閉鎖を経験。「1回目の時と違うな〜!」と思ったことの画像2


そして今回、3週間にわたる学校閉鎖となりました。

前回大変な思いをした経験がありましたし、状況によってはいつ終わるかも分からなかったので、前回よりだいぶ“ゆるく”過ごしました。


起床時間や就寝時間についてギャーギャー言わないだけでも、自分の心が安定しました。

勉強しない日があっても、「生きてるだけで良いか」と思うようになりました。

アニメを見ていても、それが日本語の勉強だと喜ぶようになりました。

ずっと家にいても、それがロックダウンだ!と誇れるようになりました。


こういう非常事態の中で、きっちり過ごせる「スーパーママン」にも憧れるけど、 無理せずにそれなりにやり過ごせる「テキトーママン」でも別にええよな〜と今は思います。

まだまだ大変な状況は続きますが、乗り切れますように!


ほなまたね!

※ この記事は2024年06月12日に再公開された記事です。

Share!

ベルギーから、まいどおおきに!のタイトル画像
ベルギーから、まいどおおきに! #82
さとえみのタイトル画像 さとえみ