帝国ホテルの夏アフタヌーンティーを編集部が実食レポート。国産夏フルーツのスイーツに、空と海をイメージしたセイボリーが絶品

帝国ホテルの夏アフタヌーンティーを編集部が実食レポート。国産夏フルーツのスイーツに、空と海をイメージしたセイボリーが絶品

帝国ホテル 東京の「インペリアルラウンジアクア」では、夏アフタヌーンティー「Summer Fruits Afternoon Tea」が、2022年7月1日(金)から8月31日(水)まで提供される。そこで夏空に浮かぶ雲の演出や、国産の桃やいちじくを使った贅沢デザート、カラフルなセイボリーを、ひと足先に編集部が実食レポート。帝国ホテルのシェフが贈る“夏らしさ”が散りばめられたアフタヌーンティーを、この夏の癒しのひとときに。

桃やあんずなど、旬のフルーツを贅沢に使ったスイーツ

スタンド上段には、桃やあんずなど夏に旬を迎える国産フルーツをふんだんに使用した5種のスイーツ。帝国ホテルの目利きだからこそ味わえるフルーツのおいしさは格別。料理に合わせたガラスの器で提供される、海や空を思わせる夏色セイボリーは中段に。フレッシュな海鮮を使用したジュレや、夏野菜のスープなど、爽やかな味わいが夏らしい。

スタンド下段には、フルーツの風味感じるペストリーやスコーンが並ぶ。暑い夏は、爽やかなフルーツデザートやカラフルなセイボリーともに、帝国ホテルで涼やかな時間を過ごしてみては。

編集部が「Summer Fruits Afternoon Tea」を実食レポート

2022年7月1日(金)から提供されるアフタヌーンティー「Summer Fruits Afternoon Tea」をひと足先に試食してきました。

帝国ホテル 東京の最上階にあるラウンジからは、皇居や日比谷公園の緑が鮮やかで、ビルばかりの都心にいることを忘れてしまうほど空が広い!

そんな夏空にふわふわと浮かぶ雲に見立てた演出で運ばれてくるのは「季節のフルーツを使ったグラスデザート」。目の前でノンアルコールのスパークリングワインを注いで、仕上げてくれます。この日は、しゅわしゅわとした泡に、旬の桃が浮かべられて、とても涼やかなのです。

国産の夏フルーツを使ったスイーツのなかでも、サクサクのパイ生地にカスタードクリームを詰めて、ジューシーな桃をたっぷりとのせた「ピーチパイ」は、絶品です。ハーブティーとして知られるベルベーヌの香りが印象的で、食べた後までうっとり余韻が…。

そのほか、ふんわり柔らかなチョコレートのガトーにとろけるように柔らかい国産いちじくを組み合わせた「ガトーフィグ」や、ほのかなしその香りとライムのさっぱり感が口直しにもぴったりの「しそライムタルト」など、ひとつひとつが丁寧に仕上げられたスイーツの数々に感動するばかり。

フレッシュな海鮮や夏野菜で、海や空をイメージしたセイボリーは、グラススタイルで提供されます。

カクテルグラスに燻製ホタテの白いムースと貝の青いジュレが美しい層になっている「燻製ホタテのムースに海の幸…貝のエキスのブルージュレ」は、とくに印象深い逸品でした。

夏の海のように透き通ったブルーは、バタフライピーで色づけたのだそう。ひと口食べると口の中に貝の濃厚なうまみが広がって、幸せな気持ちになります。エビと一緒に小さなタコがのっているのもかわいい!

アンチョビを効かせたマヨネーズで和えた紅ズワイ蟹やとびっこ、枝豆、ヤングコーンの煌びやかなサラダを、トマトの泡で閉じ込めた「紅ズワイ蟹と夏野菜のカクテルサラダ」。

上は夏野菜と押し麦を添えたガスパチョ、下はトマトの透明なジュレ。2層に仕立てた「ガスパチョと透き通ったトマトの冷製2色スープ」も夏らしいおいしさです。

最後は、「粗挽きソーセージのグリルにパイナップルのサルサ・ヴェルデ」を、豪快にがぶり。ソーセージの上にかけるのは、トマトやトウガラシで作るメキシコの“サルサ・ヴェルデ”をパイナップルでアレンジしたもの。はじめていただいたソースでしたが、パイナップルの甘酸っぱさやハーブのフレッシュさが、ジューシーなお肉にぴったり。

夏らしさを感じるメニューが散りばめられた、心まで癒されるアフタヌーンティーでした。

関連記事:

ピックアップ

ラグジュアリー石焼き芋も。秋味アフタヌーンティービュッフェ「オータム・スイーツ・コレクション」ザ・リッツ・カールトン大阪
ローカルが溺愛するソウルフード!「盛岡三大麺」を訪ねる夏の岩手旅/岩手県・盛岡市
フラワーサイクルアンバサダー・宮川南奈さんに聞く。地域の歴史と思いが育むアップサイクル品2選【日本発サステナプロダクト】
累計140万部突破の『-50kgのシンデレラ』がドラマ化!Paraviで放送開始