【サステイナブルSTORY】KURKKU FIELDSのCHARCUTERIEの岡田修シェフが語る。害獣のジビエをおいしく食べて、捨てるを減らす

【サステイナブルSTORY】KURKKU FIELDSのCHARCUTERIEの岡田修シェフが語る。害獣のジビエをおいしく食べて、捨てるを減らす

千葉県木更津市の広大な農場で環境に優しい食とアート体験ができるKURKKU FIELDS。ここCHARCUTERIE では、害獣として処理されがちなジビエを、自家製のハムやソーセージにして提供 。腕をふるうのは元フレンチレストンのシェフ・岡田修さん。 肉は狩猟後30分以内に必ず処理するなど製法にこだわり、臭みがなくジューシーな肉製品には地元ファンも多数。貴重な食材を有効活用するチャレンジを伺った。

岡田さんが未来につなぐ、ジビエからグルメを生み出す木更津プロジェクト

害獣として処理される肉が、グルメフードに生まれ変わる!

シカのテリーヌ100g756円、イノシシのビアブルスト100g561円など

イノシシやシカ などの鳥害獣は畑を荒らすことも多く、千葉県内では90%以上が処分されてしまっていたそう。「それなのに、ジビエとしてレストランで食べると気軽に食べられない値段になることも多いですよね。そこで害獣として処分されてしまう肉を解体から加工まで一貫して処理して、おいしいシャルキュトリー(食肉加工食品)にする取り組みを、木更津市と一緒に始めました。食材を大事に有効活用できるだけでなく、手に取りやすい価格で、ジビエを気軽に楽しむきっかけにもしていただけたらと思います」。

関連記事:

ピックアップ

「全国旅行支援(全国旅行割)」のギモンを解決。都民割「もっとTokyo」やキャンペーンと併用でさらにお得に!
「いち髪」の「日本の四季をたのしむシリーズ」より「月夜に輝く月下美人の香り」が10/7(金)数量限定発売
コンサートやマルシェも。ROKKO森の音ミュージアムのクリスマスイベント「森の音ワンダークリスマス2022」
病院に行かなくても処方薬が買えるってホント?働くオトナのプチ不調に “零売(れいばい)”という選択肢