【ひとり旅モデルコース】レストラン列車「52席の至福」で秩父へ!食べ歩きが楽しい電車旅_埼玉県秩父市

【ひとり旅モデルコース】レストラン列車「52席の至福」で秩父へ!食べ歩きが楽しい電車旅_埼玉県秩父市

都内発が嬉しい、西武鉄道「52席の至福」で行く1日秩父旅。豊かな自然と歴史に育まれた地酒や、スイーツも魅力の秩父には、たどり着いた先にもおいしいお店がいっぱい! レトロな町並みを歩きながら食べ歩きを楽しんで

【14:30】芋スイーツの専門店「芋うらら」でひと休み

上/名物のいもんぶらん800円。たっぷり絞ったサツマイモペーストの下には、秩父産メープルシロップを使ったクッキーや冷たいアイスクリーム、スポンジが 左下/紫イモ、太白芋など3種類から選べる生スイートポテト各300円 右下/店奥に工房を併設し、作りたてを提供している

石畳が美しい番場通りに2022年7月オープンした芋菓子専門店。秩父地域で生産されている幻の白いサツマイモ「太白芋」を中心に、良質なサツマイモ本来のおいしさを活かしたスイーツが話題を呼んでいる。人気の「いもんぶらん」は、目の前でサツマイモペーストを絞って仕上げるパフォーマンスも魅力。作りたてならではの贅沢なおいしさを楽しんで。

芋うらら

いもうらら
TEL.0494-53-9211
住所/埼玉県秩父市番場町19-3
営業時間/10:00~17:00
定休日/火
アクセス/御花畑駅より徒歩3分 

【15:30】酒蔵「武甲酒造」へ。武甲山伏流水で仕込む伝統の銘酒を飲み比べ

上/左から、全国新酒鑑評会で金賞を受賞した大吟醸3363円、酒米から水まで原材料のすべてを秩父産にこだわった純米大吟醸3300円は1500本の限定醸造 左下/店舗は国の登録有形文化財にも登録されている 右下/自然栽培による酒米作りに取り組む13代目の長谷川浩一さん

秩父の銘酒「武甲正宗」を醸造する宝暦3年創業の老舗酒蔵。趣ある建物は江戸後期に建てられたもので、敷地内の井戸には酒の命でもある武甲山伏流水が今も湧き出る。古くからの伝統を重んじながらも、オール秩父産の酒造りや非対面式自動利き酒機の導入など、新しい試みにも積極的。日本酒ベースのリキュールから原酒まで、多彩な品揃えも嬉しい。

武甲酒造

ぶこうしゅぞう
TEL.0494-22-0046
住所/埼玉県秩父市宮側町21-27
営業時間/8:00~17:30
定休日/無休(元旦のみ休) 
アクセス/秩父鉄道秩父駅より徒歩8分

関連記事:

ピックアップ

アベンジャーズがテーマ!ディズニーホテルの客室&グルメを編集部ルポ!宿泊者しか手に入らないアイテムとは?
いちびこ(ICHIBIKO)の期間限定いちごパフェで甘くて濃厚な完熟ミガキイチゴを楽しもう
劇団四季『アナと雪の女王』観劇レポート。圧巻!物語を知っているからこそもっと楽しめる
カラフル地蔵に見守られて。暮らしが豊かになる御食国・若狭おばま散歩/福井県・小浜市