具材ごろごろ!セブン、銘店監修の総菜とは

具材ごろごろ!セブン、銘店監修の総菜とは

第1310回 セブンのこれ注目!ママテナピックアップ
コンビニ商品にはおいしい商品が数多くありますが、そのなかでも銘店が監修した商品はとくに気になりますよね。そこでここでは、セブン-イレブンから登場した総菜をピックアップします。本格的なおいしさを楽しめる監修商品とは?

「アルポルト監修 鶏のトマト煮」

現在セブン-イレブンでは、「秋の味覚だより♪秋グルメを食べ尽くそう!」が開催されています。

食欲の秋を応援、素材にこだわった食材をふんだんに使用した、秋グルメが楽しめる同フェア(?)では、秋の味覚を使った商品などがラインアップされています。

今回はそのなかから「アルポルト監修 鶏のトマト煮」(税込496.80円)に注目。

具材ごろごろ!セブン、銘店監修の総菜とは

イタリア料理界の巨匠・片岡護シェフが手がける本格イタリア料理店「アルポルト」が監修した同商品は、鶏肉やペンネ、トマトソースなどを組み合わせたものです。

具材ごろごろ!セブン、銘店監修の総菜とは

熱量は293kcal、たんぱく質24.4g、脂質13.5g、糖質17.1gとなっています。

ピリ辛がクセになるおいしさ

同商品の調理方法は、電子レンジ(500W)で2分30秒温めればOKです。

できあがったものがこちら。赤いトマトソースの中に緑もあって彩り鮮やかですね。

具材ごろごろ!セブン、銘店監修の総菜とは

具材ごろごろ!セブン、銘店監修の総菜とは

ごろっとしたサイズ感の鶏肉とペンネもたくさん入っています。

具材ごろごろ!セブン、銘店監修の総菜とは

オリーブオイル、にんにく、たまねぎで香りとうまみを引き出したソースには、赤唐辛子で辛味もプラス。さらに、ワインビネガーを加えることですっきりとした味わいも感じられます。やわらかな鶏肉のほかにも、ズッキーニやマッシュルームピーマンなども使われているので、食べごたえがあって◎。

ピリ辛のおいしさがクセになる一品なので、食事はもちろんのこと、お酒のおつまみにもぴったりだと思いますよ。
(文・撮影:奈古善晴/オルメカ)

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
オルメカ
奈古善晴
オルメカ
約10年間車屋に勤務。アートディレクターとして自社サイト・販促物の制作、広告運用などを担当。その後、編集プロダクションに転職し、編集者・ライターとしての実績を積む。現在は独立し、「マイマガジン」の一部コンテンツのディレクションなどを担当。過去に「editeur」や「ビジどこ会員サイト」「ままのわ」「スーモジャーナル」などに寄稿。
約10年間車屋に勤務。アートディレクターとして自社サイト・販促物の制作、広告運用などを担当。その後、編集プロダクションに転職し、編集者・ライターとしての実績を積む。現在は独立し、「マイマガジン」の一部コンテンツのディレクションなどを担当。過去に「editeur」や「ビジどこ会員サイト」「ままのわ」「スーモジャーナル」などに寄稿。

ピックアップ

「小さいけど大満足」セブンの2層仕立て商品が絶品だった
全国販売中!セブンのがっつり飯で肉を堪能する
「安くておいしい」「罪深い」セブン新商品が最高すぎる
「マジうまい」「食べたほうがいい」セブン新スイーツは買わずにはいられない