これぞ日本の力!ローソンのさっぱり系うどんがおいしすぎるんですけど!?

これぞ日本の力!ローソンのさっぱり系うどんがおいしすぎるんですけど!?

第522回 ローソンのこれ注目!ママテナピックアップ
世の中には色んな麺料理がありますが、そばやうどんはあっさりしていて、体調不良で食欲がない時などにもサラッと食べられますよね。おうちでも簡単に作ることができ、お財布にやさしい価格で提供するチェーン店も多いものですが、ローソンで激うまうどんを発見しました。

ローソンのうどんには梅が入っている!?

“激うまうどん”というのは、2021年1月12日(火)にローソンが発売した「豚しゃぶと梅のおうどん」(税込460円)のこと。

これぞ日本の力!ローソンのさっぱり系うどんがおいしすぎるんですけど!?

種無し梅とわかめ、ねぎ、豚しゃぶとシンプルですが、豚しゃぶにはこだわりがある様子。豚肉を塩麹とお酒に漬け込み、にごり白だしで煮たものをトッピングしているそうです。

日頃から濃いめの味付けに慣れている筆者ですが、たま~にやさしくホッとする味が恋しくなるもので……。見るからにあっさりしていそうなので、食べてみることに。

≫関連記事:お世辞抜きでウマイ!!ベビースターのアレンジ飯はローソンで!
≫関連記事:【ローソン】「つじ田」監修の“シビカラ”新商品は中毒性あり!!

リピート決定!

電子レンジ(500W)で5分加熱すると、ジェル状だったスープが溶けて、うどんができあがりました。先ほど「うどんはおうちでも簡単に作ることができる」と言いましたが、こんなに済んだスープはなかなか難しいですよね。

これぞ日本の力!ローソンのさっぱり系うどんがおいしすぎるんですけど!?

これぞ日本の力!ローソンのさっぱり系うどんがおいしすぎるんですけど!?

ネット上の反応を見ると、「味が薄い」という声もちらほらあるようですが、筆者的にはむしろそこがおすすめポイント。余計な味付けをせず、だしの旨みがしっかりわかるスープは、まさにホッとする味です。

また、「麺がやわらかい」という声もあるようですが、そこはたしかに納得。シンプルだからこそもう少しコシの強いうどんにした方が、満足度は上がる気がします。とはいえ、豚しゃぶはやわらかく、梅の酸味がアクセントになり、脇役になりがちなわかめまでちゃんと味わえる「豚しゃぶと梅のおうどん」は、前述のように濃い味付けに慣れてしまった筆者には、やさしくしみわたりました。

ローソンの商品情報ページには、“こころもからだも落ち着くおうどんです”とありますが、まさにそんな一品ですよ。
(文・明日陽樹/TOMOLO)

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

■記事を書いた人

TOMOLO
明日陽樹
TOMOLO
大学卒業後、アルバイトからライターに転身。約4年間編集プロダクションに所属したのち「TOMOLO」を立ち上げ、主にウェブメディアの運営や編集・執筆を行う。『ママテナ』のほか、『ダ・ヴィンチニュース』や『スーモジャーナル』、『FNNプライムオンライン』など幅広く寄稿し、フリーマガジン『BizHintマガジン』の編集・執筆も担当中。
大学卒業後、アルバイトからライターに転身。約4年間編集プロダクションに所属したのち「TOMOLO」を立ち上げ、主にウェブメディアの運営や編集・執筆を行う。『ママテナ』のほか、『ダ・ヴィンチニュース』や『スーモジャーナル』、『FNNプライムオンライン』など幅広く寄稿し、フリーマガジン『BizHintマガジン』の編集・執筆も担当中。

ピックアップ

呪術廻戦が好きなら要チェック!五条先生のランチパック、もう食べた?
これがマチノパンの本気!? 「香フランスパン」を侮っていたらおいしくてビビった!!
【賛否両論】いま話題のGODIVAスイーツを食べてみたら…
【呪術廻戦】宿儺の指を食べてみたら…意外とおいしい!?