どうしたら片づけられる?整理収納アドバイザーが発見した「片付け上手・下手の決定的な違い」

整理収納アドバイザーのmaikoです。日々の暮らしに欠かせない“片付け”。片付けが上手にできないと、部屋が散らかったままになり、せっかく家で過ごす時間も心が休まりません。では、片付いた部屋で心地よい時間を過ごすために、どうしたら片付け上手になれるのかポイントをまとめてみました。

好きなモノ、必要なモノを持つ

片付け上手さんは、何よりモノの持ち方が上手です。むやみにたくさんのモノを持つことはせずに、自分の好きなモノ、必要なモノを厳選して持つようにしています。

モノが多いとその分、管理をする手間がかかります。

もちろん、“片付け”も管理の手間のうちのひとつ。自分が管理できるモノの量を超えると、片付けが追いつかずにどんどん部屋の状態が乱れてしまいます。

そうなってしまうと片付かなくてイライラするだけでなく、せっかく持っているモノを上手に生かせないというデメリットも。

また必要なモノが見つからず、ないと勘違いしていくつも同じモノを買ってしまう…なんてことも少なくありません。

自分の好きなモノ、必要なモノをメインに持ち、管理できるモノの量を意識すると片付け上手さんに一歩近づくはずです。

モノの住所を決める

片付けとは、“出したモノを元の場所に戻すこと”。使ったモノを元の場所にきちんと戻すには、それぞれのモノに“決まった住所(=収納場所)”があることが鉄則です。

片付け上手さんの部屋は、それぞれのモノに収納場所があり、どこに何があるかを把握できている状態です。

反対に、散らかりやすい片付け下手さんの部屋は、決まった収納場所がないため、使い終わったモノが置きっぱなしになりがちに。

また、置きっぱなしになったモノは次に使う時にどこにあるかわからなくなり、いつも何かを探しているという状態になってしまうことも少なくありません。それでは時間もムダにしてしまいますよね。

自分の好きなモノ、必要なモノをメインに持ち、それぞれのモノの住所を決めると片付けやすい部屋になり、すっきりした状態をキープしやすくなります。

関連記事:

ピックアップ

ダイソーさん!200円って赤字では?まさか100均で売ってるなんて…マニア衝撃「神グッズ」
これなら続けられる!美味しすぎる!オートミールの朝ごはんレシピ4選
これ…もう買うしかないじゃん♡脚がスーンと長く見える!しまむらの「美脚ボトムス」特集
初心者さんでも失敗ナシ♡誰でも可愛くなれる「超基本のポニーテール」のつくり方