語彙力失う…!秒でなくなるローソンのとろとろスイーツ!

語彙力失う…!秒でなくなるローソンのとろとろスイーツ!

第1387回 ローソンのこれ注目!ママテナピックアップ
ゴールデンウィークが明けて、いつも通りの生活がスタートしました。シャキッと気分転換できた人がいれば、反対にやる気が出ずに困っている人もいるのではないでしょうか? そんな時は、おいしいコンビニスイーツを食べてテンション上げていきません?

ローソンのパンナコッタは“とろ生”

2022年5月3日(火)、ローソンは、「とろ生パンナコッタ」(税込235円)という新商品を発売しました。

語彙力失う…!秒でなくなるローソンのとろとろスイーツ!

同商品は、“まるで生クリームをたべているようなとろ〜り食感”が特徴のパンナコッタ。“北海道産生クリームと練乳を合わせた濃厚な味わい”を楽しめるのだとか。ローソンいわく、“初夏にたべやすい”とのことです。

「無限に食べたい」、「濃厚なめらか」、「激うま」、「超おすすめ」、「リピート確定」など、ネット上でもかなり好評の様子。3時のおやつに買ってみました!

もはや飲み物だ

語彙力失う…!秒でなくなるローソンのとろとろスイーツ!

語彙力失う…!秒でなくなるローソンのとろとろスイーツ!

一応、スプーンですくっても形が残るくらいの弾力はあるのですが、口の中に入った瞬間とろ~りとろけて、あっという間に消えちゃいます。商品名のとおり、その食感はまさに“とろ生”。歯の出番はまったくなく、感覚的には飲み物ですね。ミルキーな味わいが口いっぱいに広がって、かなり濃厚。シンプルなパンナコッタだからこそ、素材の味を存分に堪能できますよ。

個人的にはこのシンプルさと濃厚さがお気に入りで、文句なしの100点満点なのですが、もしも「濃厚すぎる」、「あっさりさせたい」とお考えなら、フルーツジャムなどを追加してもおいしそう!

前述のとおり、あっという間に消えてしまうので満足感(食べた感?)はないかもしれませんが、お世辞抜きでめちゃくちゃおいしいので、ぜひ食べてみて。見た目はやや地味ですが、一度食べたらきっとあなたも「とろ生パンナコッタ」にハマるはず!?
(文・撮影:明日陽樹/TOMOLO)

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
TOMOLO
明日陽樹
TOMOLO
大学卒業後、アルバイトからライターに転身。約4年間編集プロダクションに所属したのち「TOMOLO」を立ち上げ、主にウェブメディアの運営や編集・執筆を行う。『ママテナ』のほか、『ダ・ヴィンチニュース』や『スーモジャーナル』、『FNNプライムオンライン』など幅広く寄稿し、フリーマガジン『BizHintマガジン』の編集・執筆も担当中。
大学卒業後、アルバイトからライターに転身。約4年間編集プロダクションに所属したのち「TOMOLO」を立ち上げ、主にウェブメディアの運営や編集・執筆を行う。『ママテナ』のほか、『ダ・ヴィンチニュース』や『スーモジャーナル』、『FNNプライムオンライン』など幅広く寄稿し、フリーマガジン『BizHintマガジン』の編集・執筆も担当中。

ピックアップ

「ちょっと怖い」「ヤバそう」みんながビビる「飲むハッピーターン」を飲んでみた!
1個あたり40円!おやつにピッタリのローソン新商品!
もっちりふわふわ!流行スイーツ「クァベギ」をローソンで買える!?
ついに完結!ローソンから最後のアイスが発売された