春の味覚をおいしく保存!「干したけのこ」の作り方と活用レシピ

春の味覚をおいしく保存!「干したけのこ」の作り方と活用レシピ

春の訪れを感じる食材といえば、たけのこ。このおいしさを年中楽しみたい方は、「干したけのこ」作りに挑戦してみませんか。フードアドバイザー・調味料ソムリエプロの神谷よしえさんに季節の手仕事を教わる連載10回目は、干したけのこの作り方と干したけのこで作るきんぴらのレシピをご紹介します。

4月の手仕事:「干したけのこ 」作り【神谷よしえさんの12カ月の手仕事 #10】

 

4~5月は、たけのこがおいしい季節。毎年この時期には、必ずたけのこ料理を作るという方も少なくないでしょう。

毎月、生活の知恵ともいえる手仕事と季節のレシピを教えてくださっているフードアドバイザーの神谷よしえさんも、「この時期は、たけのこが採れすぎたりご近所からたくさんもらったりして消費に困るという話をよく聞きます。そんなときは、干したけのこがおすすめですよ」と話します。

そこで連載の10回目は、たけのこのおいしさをそのまま保存できる「干したけのこ」の作り方と活用レシピをご紹介します。

 

フードアドバイザー・調味料ソムリエプロ/神谷よしえさん大分県宇佐市出身。伝承料理研究家の母が設立した台所だけの建物「生活工房とうがらし」を継承。「ごはんはエール」をテーマに人と人を繋ぎ、産地と料理人を繋ぐ活動や国内外でおにぎりや調味料の講演やセミナーなどをおこなっている。趣味はおにぎりを握ること

「春の味覚といえば、やっぱりたけのこ。でも、たけのこは鮮度が命で採ってから時間が経つほど硬くなって味が落ちるので、すぐに調理することが大事です。

我が家も昔は近所に竹林があり、まだ幼かった息子が毎年大量にたけのこを掘り当てていました。今振り返れば何をあんなに躍起になっていたのかとも思いますが、当時は“もったいない”という気持ちで、春はたけのこのアク抜きに追われていたんですよ(笑)。

そうした経緯から、消費しきれないたけのこを上手に活用する方法として、干したけのこにたどり着きました。干したけのこは、熊本を中心に九州地方の特産品でもあるんです」

おいしい春の味覚をギュッと凝縮!干したけのこのレシピ

 

調理時間:2〜3日(干す時間を含む)
保存期間:1年

「たけのこは、下処理がむずかしいイメージがありますよね。でも、ゆでるのに時間がちょっとかかりますが、やり方は意外と簡単。干したけのこも最初こそ少し手間がかかるものの、できあがれば水で戻すだけでさまざまな料理に使えるので便利です。

ただし、干したけのこは保管に注意。自宅で乾燥させたものは乾き具合にムラが出やすく、チャック付きのポリ袋や保存容器などで密閉するとカビが生える可能性も。紙製の箱や新聞紙など通気性のあるものに入れ、日の当たらない常温で保存するのが正解です。

逆に梅雨時期は、チャック付きポリ袋に乾燥剤を入れて密閉して保存するほうがよいでしょう」

ピックアップ

サランラップ ® やジップロック ® を使った「冷凍貯金テクニック」が特設サイトにて公開
重ねて焼くだけ!ズッキーニとトマトのチーズ焼き
食材2つで。エリンギと豚肉のマヨポン炒め
かわいくてインパクト大!スイカのフルーツポンチの作り方